日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

牙狼 RED REQUIEM
ガロレッドレクイエム

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2010年10月30日 
製作会社
東北新社 
配給会社
東北新社=ゴー・シネマ 
レイティング
PG-12  
英語名
 
上映時間
94  

特撮TVドラマ『牙狼 GARO』を3D映画化。人間の邪悪な心に憑依する魔獣ホラーと、ホラーを狩る魔戒騎士のバトルを描く。監督・脚本・原作は「コワイ女 カタカタ」の雨宮慶太。出演は「神様ヘルプ!」の小西遼生、「三十九枚の年賀状」の松山メアリ、「ランブリングハート」の斎藤洋介、「萌えよ!ドラゴンガールズ」の倉貫匡弘など。

スタッフ

監督
雨宮慶太
アクション監督
横山誠
エグゼクティブプロデューサー
二宮清隆
原作
雨宮慶太
脚本
江良至雨宮慶太
プロデューサー
佐藤満夏井佳奈子比嘉一郎
VFXスーパーバイザー
小坂一順
CGスーパーバイザー
迫田憲二

ストーリー

魔界より闇を通じて出現し、人間を喰らう魔獣ホラーの陰我を断ち斬るべく、魔戒騎士は戦い続けていた。その最高位の証“ガロの称号”を持つ黄金騎士・冴島鋼牙(小西遼生)は、人々の為“守りし者”としての宿命に生きている。そんなある日、七つのエレメントに罠を張る“使徒ホラー”が人間界の闇に降臨。鋼牙は新たに“使徒ホラー”殲滅の使命を帯び、魔戒法師のアカザ(斎藤洋介)、その弟子のシグト(倉貫匡弘)、そして烈花(松山メアリ)と共に茨の試練へと旅立つのだった……。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット:
  • サウンド:

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。