日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

赤い鯨と白い蛇
アカイクジラトシロイヘビ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
2006年11月25日 
製作会社
クリーク・アンド・リバー社/東北新社 
配給会社
東北新社クリエイツティー・オー・ピー 
レイティング
一般映画  
英語名
Red Whale and White Snake  
上映時間
102分  

テレビの名ディレクターとして数々の名作ドラマを世に送り出してきたせんぼんよしこ監督が、世代も生きかたもまるで異なる女性たちの出会いと別れを、深い慈しみを込めて描く珠玉の名編。オリジナル脚本を執筆したのは「うなぎ」などの名脚本家・冨川元文。出演は「阿弥陀堂だより」の香川京子、「佐賀のがばいばあちゃん」の浅田美代子、「村の写真集」の宮地真緒、「下妻物語」の樹木希林ら。

スタッフ

製作総指揮
奥山和由
エグゼクティブプロデューサー
井川幸広林田洋
脚本
冨川元文
企画プロデューサー
岡部英紀
プロデューサー
中林千賀子
アソシエイトプロデューサー
山本恭史
撮影
柳田裕男
照明
市川徳充
録音
尾崎聡
音楽
山口岩男
編集
高橋幸一
整音
小松将人
美術
古谷美樹
VFXスーパーバイザー
石井教雄
衣裳
宮本まさ江
助監督
宮崎暁夫
制作担当
市川幸嗣
音楽プロデューサー
倉田真二
監督
せんぼんよしこ
スクリプター
赤澤環

出演者

ストーリー

雨見保江(香川京子)は、千倉に住む息子夫婦のもとに身を寄せることになった。孫の明美(宮地真緒)を伴って千倉に向かう途中で昔住んでいた家を見に行きたいと、館山駅で途中下車する。保江らがその家の中へ入って行くと、家の持ち主・光子(浅田美代子)が姿を見せ、この家を取り壊して建て直すと話す。保江は千倉に向かおうと促す明美に、「できれば今日はここに泊まりたい」と言い出す。光子はイヤな顔も見せずに承諾してくれた。次第に記憶が心もとなくなった保江は、「昔の約束を確かめるためにここに来た」と明美に打ち明ける。ふと外に目をやると、見知らぬ女性が家を覗いていた。彼女は、美土里(樹木希林)。以前、この家を借りていたことがあるのだと言う。女性たちはいつしか古い知り合いのように打ち解けはじめていた。保江が唐突に「この家には150歳になる白い蛇が住んでいて、その蛇と話をすると幸せになれる」と言い出す。記憶を辿るように白い蛇を探す保江の脳裏に、少しずついろいろなことが思い出されていった。その記憶は、保江の心に深く刻まれた、青春時代のある出来事に深く関わりがあるのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ: カラー
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm /アメリカン・ビスタ(1:1.85)
  • サウンド: ドルビーSR/DTS

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。