日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

麗人
レイジン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1946年05月16日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
97分  

「緑の故郷」に次ぐ渡辺邦男演出作品である。

スタッフ

製作
本木莊二郎
演出
渡辺邦男
脚本
八住利雄
撮影
川村清衞
録音
岡崎三千雄
美術
河東安英
音楽
古賀政男

ストーリー

大正初期の革新期の一頁に咲いた恋物語。東京市電の争議の混乱の渦巻きに巻き込まれて進一と圭子の仲は裂かれた。進一は大学生であったため争議の扇動者と誤解されて検束されてしまった。圭子は没落する華族の娘であったが、進一が検束されたのも知らず約束を破棄したものと諦め、すべてを投げうって、わが家を救うため井坂伝助の許に嫁いで行った。彼女の悲壮な覚悟を知っているのは親友の桜町露子のみである。伝助は物質の豊富にまかせて世の女性に毒牙を磨く好色的な人物であったため圭子は幸福ではなかった。来る日も来る日も豪華な鳥籠に飼われて、金の珠の餌をあてがわれている人形にひとしかった。そればかりではなく、自由と権利まで金力のために剥奪され伝助の玩弄物であった。井坂の傲慢と搾取と奸策に耐えかねた井坂鉄工所員は労働者組合団結の下に決然と起ち上がった。進一はその代弁者として運動に参加し伝助に直接交渉を敢行した。その頃、この因習の鉄鎖を断ち切って伝助の許を飛び出した圭子は労働闘争資金募集のために寒風の町に立った。彼女の真意を解さぬ民衆は圭子を伝助の玩弄物として嘲笑する。進一と圭子は再開して誤解を忘れる。そして新しい時代のために雄々しき誓いを交わした時、不当な官憲のために進一は再び検束されて行った。が、圭子は泣かなかった。彼女の周囲には幾多の民衆と自由と正義が見守っていたからである。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。