日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

お夏清十郎(1946)
オナツセイジュウロウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1946年07月11日 
製作会社
大映京都 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
84分  

江戸時代播州姫路で実際に起きた駆落ち事件を題材とした恋愛悲哀映画。監督は木村恵吾。出演は市川右太衛門、高峰三枝子ほか。

スタッフ

脚本
八尋不二
監督
木村恵吾
撮影
牧田行正
音楽
大沢寿人
録音
加瀬久

ストーリー

泰平の喜びも長閑な元禄の頃、春爛漫と花ざかり、花見客のさんざめく賑わいもよそに、ここ米問屋但馬屋の手代清十郎が、泣いて彼を口説く但馬屋のお夏を慰めていた。その頃名うての但馬屋も、ちょっとした手違いから破産に頻していた。その窮境を救うためには、今、日の出の勢いの回船問屋那波屋の道楽息子の甚太郎が、お夏に懸想し、但馬屋の番頭頭丈左衛門をそそのかしてお夏を嫁にくれれば援助を惜しまぬという申し入れに承諾するよりほかにない但馬屋九右衛門だった。そしていよいよその婚礼の日が近づいているのだった。清十郎は既に数多の女達との情事に飽き果て、戯れの恋はすまじと心に誓っていた。「のう清十郎、女は所詮弱いもの、頼む支柱がのうてはかなわぬのじゃ、那波屋から逃れるためにはこのわしを連れて逃げて下され……家のため暖簾のため捨てるにはこの若い生命が痛ましいとは思いやらぬか、のう清十郎」処女の羞じらいも居て、一途に思いつめたお夏の心からの告白に清十郎はかってない胸のときめきを感じた。お夏の切なく縋る姿に真の「女のまごころ」と情熱を見出してともすれば惹かれそうにもなるのであった。だがお夏は主家の娘である。自分の地位がどんなところにあるかを瞬間思って理性が抑えるのである。しかしなおもひたむきに激しく迫るお夏の情熱にさすがの清十郎もついにほだされ意を固めるのだった。もうそこには外の喧燥も、ざわめきもないただ二人の愛の世界があるのみだった。そして二人は婚礼の前夜、大阪に向かって互いに手を取り出奔したのである。その夜二人は初めて相擁した。しかし追手は直ぐ差し向けられ二人は捕らえられた。はかない一夜の自由であり幸福であった。かくて二人は引き離されお夏は座敷牢に、清十郎は奉行所に引き立てられて、礫にされることになった。それを街を流れる唄で知ったお夏の胸は、張り裂けるようだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。