日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

お光の縁談
オミツノエンダン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1946年10月15日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
88分  

演出家に転向した池田忠雄の第一回作品。

スタッフ

脚本
新藤兼人
演出
池田忠雄中村登
撮影
生方敏夫
音楽
万城目正

ストーリー

外食券食堂の主人三平には三人の娘がいる。長女と三女は嫁ぎ、次女のお光が主婦の役目を果たしていた。お光は勝気な女で店の一切を切りまわし、幼い時から三平に育てられた板前友吉と協力して、親切で美味しい店の評判をとり外食者の人々から愛されていた。友吉は口にこそ出さないが、秘かにお光に恋心を抱いていた。この明るい生活に一つの波紋が起きた。嫁いだ藤枝が亭主と共に転がり込んで来たのである。藤枝とその良人は終戦後、郷里で百姓になる決心をして帰ったが、百姓生活に落第して戻って来たのだ。三平はこの意気地なさが気に食わずいい顔をしなかったが、お光は妹夫婦の更生のために、父に内緒で金を工面してやった。お光の情けに感謝した妹夫婦が、今度こそ立ち直ると誓い、新たな決意を固めて国へ帰って行った。一つの波紋がおさまってホッとした時、長女の咲子が亭主と外地から引揚げて来た。そして新しく商売をしたいからお金を何とかしてくれと頼まれてお光は途方にくれていた。その頃お光に縁談が持ち上がった。それは三平の幼な友達の源七の口利きで荒物屋山万からの縁談だった。お光はこの縁談には気乗りしなかった。というのは友吉の心を知っていたからである。いつも面と向かえば口喧嘩以外にしたことのないお光も、いつか友吉に心を惹かれていたのだ。が、姉妹思いのお光は自分の恋を捨てても、と、この結婚を条件付きで承諾した。結婚すれば、まとまった金を融通してくれるようにと。このお光の心を知った友吉は悲しかった。「お金のために結婚するのはよくない、そんな結婚をしては幸福にはなれない。あなたの仕合わせにこのお金を役立てて欲しい。私の心ばかりのお祝いのしるしだ」そう言って今夜限り暇をくれと言った。さしうつむいてじっと考えているお光を残して友吉は悄然と荷造りをはじめるのだった。お光は友吉の心を本当に有難いと思った。無言で友吉の手を握った。二人はもう多くを言わなくてもよかった。お光は友吉の心を、友吉はお光の心を知りすぎるほど知っていたのである。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。