日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

槍をどり五十三次
ヤリオドリゴジュウサンツギ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1946年11月26日 
製作会社
大映京都 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
77分  

「手袋を脱がす男」に次ぐ森一生監督作品。

スタッフ

企画
清水龍之介
脚本
伊藤大輔
監督
森一生
撮影
宮川一夫
音楽
西梧郎
録音
大谷巖

ストーリー

権三がサムラヒになりたがった訳はしがない日雇人足の彼がサムラヒの娘に恋をしたからであった。権三は旅人足に雇われた。槍を搬ぶ役目であった。その槍はお大名の大切な家宝でサムラヒ数名が警護に附き添っての道中であった。躓いた足先の傷が因で、遅れた権三に思いもかけぬ災難がふって湧いた。主人の紋章入りの幔幕が張ってあったので何の頓着もなく槍をかつぎ込んでしまったが、そこは権三の着く前にサムラヒ同志の金銭上の話合で他のお大名が宿っているところであったのだ。問題は紛糾した。そして責任は権三に転嫁された。槍方のサムラヒ達は権三に彼のサムラヒの憧れを利用して腹を切れと迫った。いつしかサムラヒというものの本身--家名格式が個人の実力を無視して巾をきかせる実情、忠義の名のもとに、死ぬることを名誉として喜ぶらしく見せかけている擬態--を知った権三はサムラヒ達の要求を峻拒した。権三は覚醒した一個の人間として理不尽な権力の暴圧に反発して起き上がった。そして日頃からサムラヒへ憤りを抱いていた旅人足軽達の協力で権三はサムラヒ達を膺懲する。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。