日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

一番美しく
イチバンウツクシク

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1944年04月13日 
製作会社
東宝 
配給会社
社団法人・映画配給社 
レイティング
一般映画  
英語名
The Most Beautiful  
上映時間
85巻  

戦時下軍事用レンズを作るために働く勤労動員された女子挺身隊を描くセミ・ドキュメンタリー風のドラマ。脚本・監督は「姿三四郎」の黒澤明。撮影は「秘めたる覚悟」の小原譲治。出演は「進め独立旗」の入江たか子、「若き日の歓び」の矢口陽子。矢口陽子は後に黒澤明と結婚した。音楽は不明で、清田茂、伊藤昇、井内久(担当)等諸説ある。1944年封切り当時はクレジットタイトルが存在しなかったが、戦後の再公開時に資料より作成、付け加えられている。

スタッフ

脚本
黒澤明
監督
黒澤明
撮影
小原譲治

ストーリー

昭和19年、全国から少女達が徴用を受けて女子挺身隊に組み込まれ、各地の軍需工場で働いていた。光学機器を生産する東亜光学工業にも数十人が配属、女子寮に寝泊まりしつつレンズの増産に従事していた。ある日工場では非常増産強化運動が開始、男子が10割、女子が5割と発表されるが、少女達はそれが不服で男子の2/3を達成すると宣言する。挺身隊の組長・渡辺ツルは少女達をまとめ、成績も着実に伸びていく。しかし無理がたたり、怪我人や病人が出てきたことにより、成績は鈍化、挺身隊の結束もほころび始める。そんな少女たちを所長の石田をはじめとする工場の上司、寮母の水島が優しく面倒を見るのだった。だが内部の鬱積がピークに達したことから喧嘩が勃発、仲裁するツルに対しても手厳しい批判が浴びせられる。微熱を隠して働く久江とそれを知り庇うツルに対する誤解だったことがわかり、皆は仲直りした。ツルは不注意から未調整のレンズが1個見あたらなくなっていることに気づく。彼女は2000個あるレンズから未調整分を探し出すため夜を徹する。早朝ようやく探し当てたツルを優しくいたわる上司達。寮では水島と隊員達が歓喜で彼女を迎えた。成績は再び伸び始める。工場にツルの父から母の死の知らせが入る。帰郷を促す大人達にツルは「一身上の事で公務を棄てて帰ってはいけないと言うのが母の口癖だった」と言い、帰郷を拒むのだった。そして代わりに病気がちな久江を休ませるように頼む。溢れる涙をぬぐいながらツルは仕事を再開するのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム
  • サウンド:

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。