日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

仮面の街
カメンノマチ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1947年01月21日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
71分  

「金ちやんのマラソン選手」に次ぐ原研吉復帰第二回作品。

スタッフ

原作
新藤兼人岩沢庸徳中山隆三
脚色
新藤兼人岩沢庸徳中山隆三
監督
原研吉
撮影
森田俊保
照明
豊島良三
録音
熊谷宏
美術
森幹男
音楽
浅井挙曄

ストーリー

東北のある小さな劇場では地方巡業も今日で終り一同荷物をまとめている。座員弘ちゃんはこの土地にいる母に会えるのを楽しみにしていた。座長ハル子に面会にきた栗原は、むかし彼女と同じレヴュー団で働いていたが、いまでは炭坑の所長秘書としてハル子一座に慰問演芸の依頼をする。ところが、彼は実は炭坑ストもみ消し対策に一座を利用する魂胆だった。そして一座を料亭に呼び組合の弱体化を計ったが、組合委員は課長連が一座の女優を芸者同様に酌を強いたりするので憤然として皆引上げる。弘ちゃんは母に未だ一座員であることを知られたくないと思うが、その気持を察したハル子は弘ちゃんと共に母に会い、彼を座長々々と呼び母を喜ばす。ハル子は栗原にむかしの想い出話をするが、彼は「今は人生観も変った」と冷笑する。しかしハル子と弘ちゃんに前身をばらされた栗原はついに昔の純真な彼に還り「慰問なんかどうでも良いから自分を皆と共に連れて行ってくれ」とハル子に頼む。彼女はいきなり栗原を殴り彼の態度を非難し、従業員一同に謝るべきだと言い捨てて舞台に立つ。「アルルの女」の群舞が終り、スポットの中にハル子が独り浮かんだとき、舞台のそでから聴き覚えのあるフリュートの音が流れてくる。栗原だ。ハル子は彼を舞台に引き上げる。栗原は皆に過去を謝し今後を誓う。やがてフリュートの音が静かに流れ出し、激しい拍手の中にハル子の美しい姿態が舞台を泳ぎ始める。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。