日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

婦人警察官
フジンケイサツカン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1947年02月18日 
製作会社
大映京都 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
74分  

「手袋を脱がす男」「槍をどり五十三次」に次ぐ森一生監督作品。脚色は「お夏清十郎」の八尋不二、撮影は新人武田千吉郎が担当。

スタッフ

企画
松山英夫
脚色
八尋不二
監督
森一生
撮影
武田千吉郎
録音
大谷巖
照明
西村言雄
音楽
西梧郎
美術
中村嘉壽

ストーリー

婦人警察官真知子は、街の戦災孤児次郎を更生させようと自宅に引き取ったが、次郎はなかなか彼女の手に負えなかった。次郎はたった一人の兄敬太の復員を心待ちにしていたが、その通知のあった日、親分から気の進まないかっぱらいの役を申しつけられ、誤って負傷する。次郎に代って復員の敬太を迎えた真知子は兄弟のためにアパートの一室を世話してやった。しかし内地の風は復員軍人に冷く、敬太の就職はなかなかみつからなかった。同じアパートに住む真知子の旧友キヨは満州からの引揚者だったが、内地の人情の冷たさに、いまはやけ気味で闇屋仲間と暗い生活を送っていた。ふとしたことからキヨと知り合った敬太もいつしかこの人達の世をすねた空気に馴染んでいった。兄の帰還によってすっかり心を入れかえた次郎に連れられて賭博の現場に来た真知子は、その場に敬太だけではなく、思いがけなく旧友のキヨまでが一座しているのを見て驚き悲しんだ。敬太は真知子にすまないと思ったが、どうすることも出来なかった。キヨはいつしか敬太を愛するようになっていたが、敬太はついに石原らの銀行襲撃に加わってしまう。一味は捕われたがその中に敬太の姿が見えないので、真知子は彼のアパートを訪れた。敬太はかつて真知子がくれた背広で身なりを整えて静かに「罪が償われて再びこの世に出たら、キヨと結婚します。次郎を頼みます。」と言い残して自首しに行く。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。