日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

情炎(1947・日本)
ジョウエン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1947年04月29日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
76分  

戦前「ママの縁談」「母と子」「家族」「櫻の國」等を発表、昨年復員した渋谷実の帰還第一回監督作品。久板栄二郎の原案を自身が脚色した。撮影は「深夜の市長」に次ぐ長岡博之の担当。「最後の鉄腕」の佐野周二、水戸光子大映「今宵妻となりぬ」の高峰三枝子、「象を喰つた連中」の村田知栄子、「結婚(1947)」の小沢栄太郎、東宝「四つの恋の物語(1947)」第一話「初恋」の杉村春子、新人明石由利子らが出演している。なお、本作品は松竹の担当する憲法発布記念映画である。

スタッフ

製作
細谷辰雄
原案
久板栄二郎
脚本
渋谷実
監督
渋谷実
撮影
長岡博之
録音
大村三郎
美術
浜田辰雄
音楽
浅井挙曄

ストーリー

野々宮浩介は復員後自分が妻に対して全く愛情を失っていることを知り、日夜煩悶していた。妻ひろ子はむつかしい両親にまめまめしく仕えていたが、浩介の両親にまめまめしく仕えていたが、浩介の両親は結婚の解消を望んでいた。いまの気持はどうすることもできず、両親の勧めに従い偽ってひろ子を彼女の故郷に連れ戻り、そこで離婚に同意させるため千葉の家から二人で上京する何も知らないひろ子のいそいそとした様子を見ている浩介の心には苦しいものがあった。二人はいま豪勢なブローカー生活をしている伯父夫婦の家を訪れたが、そこでひろ子が見たものは女をただ男のおもちゃとしか考えていない伯父の姿だった。浩介が伯父のそんな態度を肯定しているようなのもひろ子にとって悲しいことだった。そしてひろ子はふと浩介の荷物の中に隠された離婚同意書を発見し動揺する心を押えることができなかった。やがて二人は思い思いの気持で西下の汽車に乗ったが、途中浩介が発熱したため田舎の街に下車した。ひろ子は高熱の浩介を看病しながら、現在自分がおかれている皮肉な立場を悲しく思った。浩介は夜更けにふと廊下の片隅でひろ子が氷を割っている音を聞き激しく心を動かされた。翌朝決心したひろ子は良人に別れ一人で尾の道に帰郷した。故郷では事情を知らない祖父が久し振りの孫娘の帰郷を喜んだが、母や姉夫婦はひろ子をもとのさやに収めたいと考え説得に努めた。その頃ひろ子の跡を追って浩介がやってきた。しかしひろ子はやはり別れることが正しいのだと思い、友人絹子の勧めで職業に就く決心をした。浩介が訪れてきたとき、ひろ子は会いたくないと思ったが、二人だけで話し合うため海岸に出た。断崖の深い波の色を前に、二人は必死で向き合った。浩介は今度の旅行で始めてひろ子の本当の姿を発見し、自分や自分の家庭がいままで彼女を縛りつけていたことを詫びた。ひろ子がなければ生きて行けないという彼の言葉を背に、それでもひろ子は一度は無理にその場を去ったが、しかし本当にお互いが人格を尊敬しあう結婚、単なる愛情だけではないつながりを思うとき、いま心を翻して浩介の宿を訪れた。海の色が美しく窓に映え、波の音はのどかに聞えていた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。