日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

龍虎伝
リュウコデン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1947年04月15日 
製作会社
大映京都 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
74分  

「無法松の一生(1958)」の岩下俊作の原作を「お夏清十郎」「婦人警察官」の八尋不二が脚色し、「槍をどり五十三次」「婦人警察官」等の森一生が監督に当り、竹村康和が終戦後はじめてクランクする。「七つの顔」に次ぐ千惠藏と「闇を走る馬車」に次ぐ寛壽郎の顔合せ作品で、新人由利みさをが初出演している。

スタッフ

企画
松山英夫
原作
岩下俊作
脚色
八尋不二
監督
森一生
撮影
竹村康和
美術
中村嘉壽
照明
西村計雄
録音
大谷巖

ストーリー

明治二十年の頃。新興の石炭町直方の祭の夜に突然現われた風来坊筧富三は、勝気と男嫌いで通る居酒屋の娘お勝を松井組の暴行から救った。卑劣な松井組は祭りの奉納角力に玄人力士を招いて石塚方を惨敗させた。激怒した永沼が自ら土俵に立とうとしたとき飛入した富三は相手を打ち負かしたが、松井組の暗討に遭い永沼に救われ、自分を慕うお勝の看護を受ける身となった。富三は昔仲間の嘉助から親分のあだ大戸の彌太郎が実は恩人永沼であることを聞き内心秘かに動揺した。永沼を襲った富三は「やくざは相手にせしない」と言われ改めて鉄道完成後の決闘を約束し、意地から工事作業員となった。松井組はついに遠賀川の鉄橋を爆破した。単身、松井組に殴り込みをかけた富三は再び永沼に危機を救われた。土地の名物山笠祭の当日いよいよ鉄道の開通式が挙行される。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。