日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

モデルと若様
モデルトワカサマ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1947年05月02日 
製作会社
松竹・京都 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
74分  

明治三十二年大晦日、慶応義塾の行った世紀送迎祭にヒントを得、アルトハイデルベルヒ型の学生映画を狙う依田義賢の脚本を、溝口健二門下で新興、南旺映画時代「流旅の人々」「南風交響樂」等を作った高木孝一が久々に監督する。撮影は「のんきな父さん」「猿飛佐助忍術千一夜」の竹野治夫。「地獄の顔」の水島道太郎と轟夕起子のコンビに、佐伯秀夫、星ひかる、三井秀男らが出演。

スタッフ

企画
絲屋寿雄
脚本
依田義賢
監督
高木孝一
撮影
竹野治夫
録音
橋本要
美術
本木勇
照明
田中憲次
音楽
大沢寿人

ストーリー

啓蒙義塾パレットクラブの学生たちはモデルのタア坊とクラブ員の青江清輝の郷里にスケッチ旅行に出かける。清輝は宮津の御領主の嗣子であったが古い因習のかせの中に育ってきたという清輝のしみじみした思い出を聞かされたタア坊は清輝に恋をするようになった。東京に帰って秋の展覧会への出品に一行は創意を凝らすが、タア坊をモデルにとの皆の運動を尻目に彼女は清輝のモデルになった。クラブ員一同もいつしか二人の愛情の深さを知り二人の結ばれる日のため大いに声援する。展覧会には一同の絵は全部入選したが、裸体画は風俗を乱すと警視庁から圧迫されたため清輝の絵は出品されない。これが新聞記事となり二人の間は曲解され清輝の郷里からは清輝を連れ戻そうとかかってくる。十九世紀も終ろうとする大晦日、啓蒙義塾では二十世紀を迎える「世紀送迎祭」が催される。清輝は家令の命をかけての説得で郷里へ帰らねばならなくなる。十九世紀最後の夜一八九九年十二月三十一日、十二時十五分前。三田山上の夜の闇に世紀送迎の歌声が流れる。涙ぐむタア坊の目に群集をかきわけて駆け戻って来る清輝の姿が映った。清輝は廃嫡され自由の身となって帰って来た。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。