日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

飛び出したお嬢さん
トビダシタオジョウサン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1947年08月26日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
71分  

「象を喰つた連中」(池田忠雄と共同)「新婚リーグ戦」の斎藤良輔と、「仮面の街」(新藤兼人・岩沢庸徳と共同)の中山隆三の協同脚本を、「情炎(1947)」に次ぐ渋谷実が監督する。撮影は「深夜の市長」「情炎(1947)」の長岡博之。「情炎(1947)」の水戸光子、村田知英子、「最後の鉄腕」の三浦光子、「消えた死体」の上原謙が主演する。

スタッフ

製作
小出孝
脚本
斎藤良輔中山隆三
監督
渋谷実
撮影
長岡博之
照明
小泉喜代司
録音
大村三郎
美術
小島基司
音楽
服部正

ストーリー

西陣問屋伊勢重のお嬢さん時子は親が決めた縁組を嫌い、いまミルクホールをやっているお由の所へ、いきなり入り込んできた。お由は隣の扇子屋清吉に頼んで親元へ帰そうとするが、清吉はあべこべに共鳴してお由の迷惑をよそにしばらく泊めることになってしまう。翌朝から早速お由はお嬢さんの連れて来た猫のため、ミルクだの行水だのと動き回され、あきれるお由をよそに時子の傍若無人の生活が始った。まず清吉はお嬢さんからみつばちが儲かると言われすっかり乗気になり人のよい床屋の正六を騙し、資本を出させたが停電のため、みつばちの一群をフイにしてしまい、その穴うめに正六の大切な商売道具の鏡を道具屋に売り、その金を資本に競馬に行くが、それを預った質屋の息子幸一は途中でスリにすられ、元も子もなくした。それを知った正夫は気絶してしまう。さすがに清吉は責任を感じた。表通の荒物屋が田舎に引き上げることになって清吉は早速家主になっている質屋の幸一に娘とみ江を嫁がせ、その後へ自分の店を移したいととみ江に縁談を強いたのでついに引越のドサクサにとみ江は家出をする。実は、とみ江は正六の家に厄介になっている貧乏画家横山に秘かに思いを寄せていたのである。やがてお由の家にいたお嬢さんは親が我を折ったので実家へ帰っていった。清吉だとて何も娘を苦しませるつもりはなく、ただ家の生活のため、ひいては娘のためを思ってやったことである。お由に諭された清吉は戻ってきたとみ江に何も言わなかった。そして今後は心を入れ替えて仕事に励むことを口にこそ言わないが心に誓うのだが、そこは親子の間、お父さんは今日から渋団扇だと空嘘ぶいて笑うのである。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。