日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

若き日の血は燃えて
ワカキヒノチハモエテ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1947年10月14日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
77分  

「消えた死体」「恥かしい頃」(武井韶平と共同)の新人清島長利の脚本を、家城巳代治が終戦後はじめて監督する。キャメラは「恥かしい頃」の西川亨の担当。「深夜の市長」の山内明と「処女は真珠の如く」の空あけみ、幾野道子が主演し、東野英治郎、飯田蝶子らが助演。

スタッフ

製作
山口松三郎
脚本
清島長利
監督
家城巳代治
撮影
西川亨
照明
高下逸男
録音
妹尾芳三郎
音楽
田代與志

ストーリー

長い伝統を物語る木造の古い校舎、北国のある高等学校である。学校も現実社会から遊離した存在では有り得なかった。応援団長の酒井は家庭の事情から退寮した。蹴球部の南は外地から帰還して来た。人の出入りは激しく、学生や教授の様子も戦争中とはまるで変ってしまった。変らないのは賄いのおばさんだけだ。その中で、小野の変り方は一段とひどいようだった。戦争前、小野、南、佐山は兄弟のように親しかったが佐山は戦死し、妹の文代だけが残り、いま彼女は酒場で働いている。その酒場に最近小野は入り浸りだった。文代を酒場に世話したのは、学校の運動場の修理を請負っている加納組の若旦那だったが、彼は前々から文代に目をつけていたのだ。南は文代が酒場で働いているのに驚き、酒場はいけない、学校の寮に来い、と言ってひっぱって来た。その頃運動場修理は学生自身の手でやろうという南の主張が通り、加納組とは手を切った。修理は着々と進行した。おまけに南は文代の借金のことで、加納組に出入りしている賄い方の政吉を追い出した。加納組の親分は面白くなかった。小野は不機嫌であった。小野は文代が好きだったのだ。「ハッキリ勝負をつけよう」と小野と南は戦った。南も文代を愛していた。そして文代は南に愛情を傾けている。二人にとって戦ったことはお互いの心を理解させるのに役立った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。