日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

素浪人罷通る
スロウニンマカリトオル

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1947年10月28日 
製作会社
大映京都 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
81分  

脚本は「龍虎伝」「壮士劇場」の八尋不二、最近「夜行列車の女」の脚本を小森靜男と共同執筆した伊藤大輔が、かつて「東海水滸傳」に稲垣浩と共同演出以来満三年ぶりにメガフォンをとり「闇を走る馬車」「田之助紅」の川崎新太郎がカメラを担当。「月の出の決闘(1947)」に次ぐ阪東妻三郎、「東京の夜」に次ぐ喜多川千鶴、松竹京都「母の灯」で映画にカムバックした片山明彦が主演し、守田勘彌が映画に初出演する。

スタッフ

企画
清水龍之介
脚本
八尋不二
監督
伊藤大輔
撮影
川崎新太郎
音楽
西梧郎
録音
海原幸夫
美術
角井平吉

ストーリー

紀州平野村感応院の若い山伏宝沢は時の将軍吉宗の落胤と名乗り江戸への旅に出た。たちまち道中に噂が飛び、お世継ぎ実現を夢見る信者たちが足下に集まった。途中落雷のため気絶した宝沢は山寺に住む娘お千枝に助けられる。宝沢の素性を知った住職天忠は赤川大膳らとともに「徳川天一坊」と祭り上げて、お千枝の映像と将軍への夢を胸に刻んだ天一坊をもり立てて行列も物々しく江戸に向った。藤川の本陣を訪れた元九條関白家の浪人山内伊賀亮は、天一坊に対しかたくその暴挙をいましめたが、天一坊の本心が父にひと目会いたいだけの人の子としての純真な願望とわかり、伊賀亮は妻子と別れ命を賭して天一坊の悲願達成に一役買って出た。千代田城内では、天一坊の訴願事件をめぐって老中たちの論議がわいた。ただ一人意を決した老中松平伊豆守は南町奉行大岡越前守に天一坊めし取りの指令を発した。伊賀亮は単身奉行所に乗り込み、越前守に対し天一坊の真意を披瀝し、やがて将軍吉宗の心も動いたが「天下政道のため、公儀の権威のために」と強硬につっぱる伊豆守の反対にあいついに一切は水泡に帰す。翌日吉宗鷹狩り出門の時刻を期して、天一坊一味逮捕の大捕物陣が始った。折から来合せたお千枝の手をとって天一坊は逃げた。鷹野に急ぐ馬上の吉宗を天一坊はチラリと見た。そして一抹の安心と尽きない痛憤のうちに伊賀亮も捕われた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。