日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

それでも私は行く
ソレデモワタシハイク

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1947年11月23日 
製作会社
松竹・京都 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
81分  

清水浩美の第一回企画の織田作之助の原作を「街の野獣」「裁かれる愛情」「激怒」の柳川真一が脚色、「朗らか週間 抓って頂戴」「モデルと若様」の高木孝一が監督する。クランクは「モデルと若様」「猿飛佐助忍術千一夜」の竹野治夫が担当。「処女は真珠の如く」「象を喰つた連中」「非常線(1947)」の原保美の他、沢村貞子が久々に出演する。「バラ屋敷の惨劇」「非常線(1947)」「婦人警察官」の月丘夢路、「看護婦の日記」の見明凡太郎「処女は真珠の如く」「女優須磨子の恋」の朝霧鏡子らが助演。

スタッフ

企画
清水浩美
原作
織田作之助
脚色
柳川真一
監督
高木孝一
撮影
竹野治夫
照明
田中憲次
録音
服部満洲雄
美術
水谷浩

ストーリー

京都先斗町のお茶屋桔梗屋の一人息子梶鶴雄は高等学校に行っていたが、自分の置かれた環境や生活がいやで我慢が出来なかった。たった一人の母菊の盲目的なまでの溺愛も今は反って重荷に感じられる。逃げ出したいというのが本心だった。すっかりニヒリスティックになっているのも純情な彼だけに無理もない事だった。桔梗屋の大事なお客様、ヤミ成金の小郷虎吉等という存在が不愉快極る事だ。凡そ下劣無比な男なのだ。最近は昔の仕事仲間三好春吉を陥れ剰えその思い女君勇を横取り、その上桔梗屋の抱えッ妓鈴子までモノにしようとしている。お茶屋という環境に対する険悪の情が小郷に向けられると憤怒の激情にかられる鶴雄であった。しかし鶴雄より先に小郷に対する憎悪の念を復讐によって癒そうとしている人間があった。相馬弓子がそれだ。彼女の父はやはり小郷のために引ずり込まれ、首をくくったのである。復讐だ。苦しませるのだ。弓子は鶴雄の金をスリ取ったことでお互いが知り合った。妙な縁であった。そして二人とも小郷を憎み切っている。ところがここに事件が起った。競馬場の群集の最中で小郷虎吉が殺されたのである。しかし凶器は鶴雄のジャックナイフだ。有無を言わさず鶴雄はひッ立てられた。だが犯人は別にいた。三好春吉だった、この事件が鶴雄の周囲の状況を変えてしまった。鶴雄は学友小田の故郷北海道に母菊と共に行くことになった。駅に見送りに来たのは以前から鶴雄を慕っていた鈴子と何か物思わしげな目をした弓子であった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。