日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年4月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

娘の逆襲
ムスメノギャクシュウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1947年11月09日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
63分  

脚本は「結婚(1947)」「処女は真珠の如く」「安城家の舞踏会」の新藤兼人。監督は「処女は真珠の如く」の中村登。撮影は「処女は真珠の如く」「安城家の舞踏会」の生方敏夫、主演は「恥かしい頃」の金語楼で「飛び出したお嬢さん」の三浦光子、「愛よ星と共に」(新東宝)に次いで逢初夢子が特別出演。

スタッフ

製作
柳井隆雄
脚本
新藤兼人
監督
中村登
撮影
生方敏夫
照明
加藤政雄
録音
妹尾芳三郎

ストーリー

引揚者の三平、お光の親子は露路内の三味線や周造の家の二階に間借りしていた。お光は恋人友吉のいる洗濯屋に働くようになったが、父の三平は北京時代の色女お時に今だにうつつを抜かして、お光の目を逃れて通っていた。北京のきつねと呼ばれたお時の前身を知っている友吉はお光に対し、三平とお時の縁を切らせるように勧めるがお光の態度が歯がゆいので、三平を強引に誘ってお時のところに直談判にゆく。しかし父思いのお光は父とお時を一緒にさせようと友吉と喧嘩してしまう。一方折角堅気の道に入りかかったお時は、三平との仲を裂かれた心の痛手に仕事にも出ない日が続く。三平は娘の幸福のために友吉をたずねるが友吉の強情にたまりかねて「お光との約束は帳消しだ」と殴りつけてしまう。同じ失恋の親子三平、お光は、つくづくいや気のさした東京を捨てて会津の田舎に帰ることを決心する。その頃お時は友吉を訪ね、自分は三平を思い切るからお光と幸福になってくれと頼む。ようやくお時の本心を掴んだ友吉はすぐ三平の家にかけつけるがすでに旅立ったあと……。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/04/26]

映画情報を18件更新しました。

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。