日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

懐しのブルース
ナツカシノブルース

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1948年01月08日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹・大船 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
76分  

シナリオは「二連銃の鬼」の鈴木兵吾、メガフォンは「はたちの青春」「浅草の坊ちやん」の佐々木康、キャメラは「浅草の坊ちやん」の斎藤毅が担当する。「リラの花忘れじ」に次ぐ高峰三枝子「こころ月の如く」に次ぐ上原謙に俳優座の小沢英太郎、東野英治郎、この映画でデビューする新人眞船圭子らの出演。

スタッフ

製作
久保光三
脚本
鈴木兵吾
監督
佐々木康
撮影
斎藤毅
美術
小島基司
照明
高下逸男
音楽
万城目正

ストーリー

時代の嵐はついに名門立松家を崩壊させた。当主の通房は学者はだで生活には無力な男であったので、長女の伸子はその父と信州富士見高原の療養所に胸の病を憩めている妹寿子の療養費を助けるため、父に隠してキャバレーの歌い手になった。美貌と美声の彼女はたちまち花形となり、若い貿易商脇村浩介に見そめられ、いつか二人の交際は深い理解と愛情によって離れ難いものになっていた。伸子の選んだ職業に一徹な父は愕然とし、自分たちの邸宅を買取ってくれた滝川からの斡旋で実業家宮地との縁談をまとめようと伸子に勧めるが、伸子の心は動かなかった。伸子は初秋の一日を脇村に誘われて三浦半島に遊び、帰途夕食に立寄ったホテルは実は旧いわが家の新しい姿であった。感慨をこめた彼女の瞳から脇村は彼女の総てを知る。家へ帰ると滝川から縁談の断りと、妹寿子から退院間近い旨の便りが来ていた。富士見高原に元気になった妹を迎えた伸子は、一人の胸を病む美しい女性に会い、話しているうちに彼女は脇村の妻であることが判り、伸子の心の動揺は大きかった。なぜ奥様がおありだった事をおっしゃって下さらなかったの--伸子は涙の瞳で脇村を難詰した。しかし脇村の病妻加奈子を幸福にするために自分の立場に気付いた伸子は、脇村に二度とキャバレーに来てくれないことを約束して、再びキャバレー・ムーンライトにブルースを歌うのであった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。