日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

受胎
ジュタイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1948年04月06日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹・大船 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
82分  

「懐しのブルース」に次ぐ久保光三の製作に、脚本は「若き日の血は燃えて」の清島長利、原作並びに監督は「飛び出したお嬢さん」の渋谷実、カメラは長岡博之で、台辞は殊に池田忠雄が担当する。新劇女優田村秋子の映画初出演に「懐しのブルース」の高峰三枝子「安城家の舞踏会」の森雅之「二連銃の鬼」につぐ宇佐美淳の共演の他「シミキンの拳闘王」の幾野道子「愉快な仲間(1947)」の村田知栄子、奈良真養、東野英治郎らが助演する。

スタッフ

製作
久保光三
原作
渋谷実
監督
渋谷実
脚本
清島長利
台辞
池田忠雄
撮影
長岡博之
録音
小尾幸魚
美術
小島基司
音楽
伊藤宣二

ストーリー

--世に母の愛情ほどやさしく強く崇高なものはない--長い間女手一つで育て上げたふさの長男浩一は恩師の令嬢敬子と結婚し、産婦人科医院を開業し、ふさのホッと一息したのも束の間だった。次男の雄二はふさの疎開中にすっかり手のつけられぬ不良青年となっていた。雄二はアパートに十も年上のダンサー千代子と同棲し、それにあき足らずレヴューガールのみさ子までも妊娠させていたのだ。それを知ったふさの悲しみ。雄二は何一つ希望のないその日その日を千代子によりかかり、だれた生活を続けていた。そのためみさ子の子供も、みさ子のよい父になってくれと頼むのをしり目に、堕胎させることにばかり窮余の策をねっていた。ふさはみさ子の純情を知り、嫁としてみさ子を迎えるためにヤミ屋の安田に千代子との別れ話を一任した。しかし安田の求めるものは人の幸福ではなく第一に己の懐を肥すことだったのだ。ふさは母の手でその問題を解決するために、祖先伝来の大切な仏像を安田の手に任せた。時価十万円の代物と知った安田はほくそ笑んだ。それを知った雄二はその仏像を取り返したい一心で格闘の末、ついに命と仏像を交換するような結果となってしまった。その臨終の際にすでに非を悟った雄二は、ふさにみさ子と赤ん坊を頼み、みさ子には--赤ん坊を正直で親切な子に育ててくれ--と頼むのだった。雄二はとてもいい子でした、私は決して泣きません、みさ子さん、雄二の言ったように生れてくる子を正直で親切な子に--とはげますふさの声はふるえていた。うららかな午後の陽ざしを浴びて田舎道を古びた馬車が行く。その中に幸福そうなふさのみさ子を護るようにした笑顔が見られた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。