日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

かりそめの恋
カリソメノコイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1948年02月10日 
製作会社
松竹・京都 
配給会社
松竹・京都 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
69分  

企画は「激怒」の中野泰介。脚本は「愉快な仲間(1947)」「シミキンの結婚選手」の斎藤良輔、「それでも私は行く」の柳川真一、「長崎物語」(斎藤良輔と協同)の長瀬喜伴で「逃亡者(1947)」のシナリオを書いた井上金太郎の終戦後第一回監督作品。カメラは「母の灯」の滝花吟一が担当。主演は「愉快な仲間(1947)」の月丘夢路、それに高田浩吉、笠智衆で、河村黎吉、藤井貢、楠薫らが助演する。

スタッフ

企画
中野泰介
脚本
斎藤良輔柳川真一長瀬喜伴
監督
井上金太郎
撮影
滝花吟一
照明
田中憲次
録音
高橋太朗
美術
水谷浩

ストーリー

時の政府の高官鯉沼孝之はかつて政敵として争い敗北させた田部の娘和江が、故郷の温泉街で酌婦に身をおとしていることを知り、何んとかして救いたいと思っていたがその申出を和江は憤りをもって拒絶した。鯉沼は秘書森村に彼の意を含めた。森村は一策をろうし--自分は実は鯉沼の政敵で、彼を倒したいと思っている。それには和江の協力を得たい--といって和江の賛同を得て東京へ連れて来た。東京では森村は和江を邸に住まわせ、彼女は令嬢としてみがかれた。ある日ダンスでふと学生と知りあい、和江はそれが鯉沼の息子清だと知り、いつわりの恋で誘惑しようとした。清は何も知らず熱愛した。そうしたある日展覧会場で二人は父鯉沼に会った。清はその日父に和江への愛情をうちあけた。鯉沼は何んとかして二人を結ばせたいと思ったが、それは和江の本心でないことを清にさとた。清は驚きぼう然と家を出た。森村はろうばいし、和江に、自分の一策を打ちあけ、和江の本当の保護者は鯉沼であることを告げた。興奮した和江は、鯉沼の邸にいき彼を面罵して身につけた宝石を投げつけて飛び出した。だが彼女は次第に冷静をとりもどし、心の狭溢な自分を考え、鯉沼の温情が思い出されて来た。歩きつかれ行きついた先はかつて清と来た思い出のホテルであった。そこには失踪した清がいたのだ。はからずも再会した二人--その夜和江ははっきりと清を愛していることを知った。そこには全く偽りのない真実の愛情だけがお互いの胸の中に燃えたのだ。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。