日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

時の貞操 前後篇
トキノテイソウゼンゴヘン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1948年06月01日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
150分  

小山いと子原作の『4A格』を前編(68分)として「第二の人生」(東宝)につぐ八木保太郎が脚色し後編(82分)は八木保太郎のオリジナル脚本で、「看護婦の日記」につぐ吉村廉の監督。カメラは「二人で見る星」につぐ峰重義が担当。主演は、「誘惑(1948)」(大船)の原節子「われ泣きぬれて」(松竹京都)につぐ若原雅夫で「旅裝」の市川春代「手をつなぐ子等(1948)」の杉村春子「幸運の椅子」の石黒達也「酔いどれ天使」の志村喬のほか菅井一郎、見明凡太朗、伊沢一郎ら出演する。後篇の公開は1948年6月8日より。1948年9月18日からは総集編(91分)が公開されている。

スタッフ

企画
伊賀山正徳
原作
小山いと子
脚色
八木保太郎
監督
吉村廉
撮影
峰重義
照明
安藤真之助
美術
柴田篤二
録音
橋本国雄
音楽
斎藤一郎

ストーリー

前篇--昭和六年、製糸工場では少しでも安価な優秀な生産を目ざして大わらわだった。それにはまず貧しい農家の娘を、ただのような労働賃金でかり出す方法がとられていた。津島製糸では糸のセリプレン検査を行い女工の競争心をあおらせる方法がとられていた。東京で展覧会が催され製糸の実況をみせるのに選抜されたのがいつも成績第一位のしづ江と古参のおスガだった。若い工場長津島と共に上京したしづ江は、ふとしたことからとり返しのつかぬ、あやまちをおかす結果になってしまった。それからのしづ江の成績は下る一方だった。片時も恋人能代と津島の顔がさくそうし、良心のかしゃくに責められた。しづ江はすでに妊娠していたのだ。気の弱い能代はそれを知ると津島の援助をうけて結婚し、しづ江を救おうとした。工場内では検番の職柄をカサに女工をだます男、女工もまたへつらうためには貞操さえもおしまないほど乱れていた。このように女工がつぎつぎとだまされるのも、女工がだまされるのでなく、貧乏に育った女工の心がそうさすのだ。 後篇--山すそに小さく区切られた越後の村落、その故郷へしづ江は帰ってきた。母トメにすすめられ身持ちの子供を流すという鬼湯にも入ったが、結果は無だに終った。しづ江は遂に工場をクビになった。工場を追われた女工の流れていくところは、結局都会の裏町だった。貿易輸出品として政治的意味を持つ生糸の生産、女子労働賃金のさく取と、女工を無能者の如く扱う検番たちの意見に反し進歩的な考えをもつ若い津島は、アカのけん疑で拘引され間もなく追放された。都会に流れ出たしづ江は、政治運動家と自称するいかさま師の山下にだまされ寸前のところで女給のつや子に助けられた。しづ江を追い回すかつての恋人能代は気の小さい男で強く生きようとするしづ江にはけん悪さえ感じられる。何もかもふりすてて更生したしづ江はつや子の世話でバーに働くようになった。そこでしづ江は津島に再会したのだ。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。