日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

抱擁(1948)
ホウヨウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1948年03月16日 
製作会社
松竹・京都 
配給会社
松竹・京都 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
82分  

企画は「長崎物語」「愉快な仲間(1947)」の小倉浩一郎。脚本は「懐しのブルース」の鈴木兵吾が書き「それでも私は行く」につぐ高木孝一の監督作品。カメラは「それでも私は行く」の竹野治夫が担当した。主演は「夜の門」(大映作品)につぐ大日方伝「旅裝」の市川春代、それに「われ泣きぬれて」の徳大寺伸、その他杉狂児、藤原釜足、若原春江らが出演する。

スタッフ

企画
小倉浩一郎
脚本
鈴木兵吾
監督
高木孝一
撮影
竹野治夫
照明
寺田重雄
録音
石原貞光
美術
水谷浩
音楽
鈴木静一

ストーリー

雪深い東北の寒駅から山ろくの旅館「夕月」へ客をはこぶ馬橇の馭者眞太郎はかつて妻八汐を愛し得ず、八汐と別れ一子眞吉と共に東京からこの東北のまちに昔の友「名月」の主人金助を頼ってやって来た。眞太郎は母のない眞吉を盲愛している。ある夜一人の女客がやって来た。彼女は八汐であった。八汐は眞太郎に追い出されてから、荒牧という真面目な医者と知りあいその診療所に働いて数年を経た。しかしどうしても眞吉が忘られず、また夫の理解も求めたく、ついに夫をたづねてやって来たのだ。荒牧は八汐の気持に同情し彼女の幸せを見届けたくあとを追ってやって来た。八汐は眞太郎に会った。だが眞太郎はやはり昔と変らず、彼女を理解しようとせず、それのみか眞吉に近づけようとしなかった。八汐はついにあきらめ、東京へ帰る決心をした。その夜山はカーニバルでにぎわい、眞吉もお千代につれられて出かけた。しかし山は猛烈な吹雪となり眞吉は雪の中にはぐれてしまった。急を聞いて捜索隊が出され、八汐はそれを知って狂気の様に吹雪の中へとび出した。駅から帰った眞太郎が、驚いて雪の山に眞吉をさがしにいったとき、眞吉を抱き失神している八汐の姿があった。いまにして、眞太郎は八汐の母の愛情を知った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。