日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

あの夢この歌
アノユメコノウタ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1948年03月20日 
製作会社
新東宝 
配給会社
新東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
86分  

西條八十原作「歌の自序傳」を「恋する妻」の岸松雄と「誰か夢なき」「愛情診断書」の演出をした渡辺邦男が協同脚色して渡辺邦男が演出する。製作は「恋する妻」の井内久、撮影は「誰か夢なき」の友成達雄が担当。出演者は「金色夜叉(1948)」の斎藤達雄「愛情診断書」の宮川玲子、黒川弥太郎、清川虹子、「見たり聞いたりためしたり」以来の岸井明らと霧島昇、松原操らの歌手が特別出演する。西條八十の歌の集大成ともいうべき音楽映画。

スタッフ

製作
井内久
原作
西條八十
脚色
岸松雄渡辺邦男
演出
渡辺邦男
撮影
友成達雄
照明
横井総一
録音
村山絢二
美術
梶由造
音楽
服部正

ストーリー

--公衆道徳はユーモア列車から--と書かれたはり紙を他所に、買い出しとヤミ屋でごった返している客車の片隅で老詩人西條先生は、巨漢岸田に支えられながらもまれていた。ふと流れてくるメロデーに耳をかたむけると「誰か夢なき」で一団の楽士連が演奏している。その中岡島くみ子が「恩師西條先生の作詩東京の夜」を歌うといっているのが聞こえるが西條の全然知らない女だった。岸田とてその老人が西條八十とは知らないが親切に車内に連れて行くと、折から巡業中の霧島昇や黒木がいて驚き喜んで西條を迎えた。が、岡島くみ子はしょげかえる。しかし西條先生はそのユーモラスを面白く思ってとがめない。一般の乗客は朗らかな気持になって、バンドや歌手達に西條八十の東京行進曲より今日までの歌を演奏してくれとたのむのだった。「昔し恋しい銀座の柳……」の甘くやるせな女旋」律給」の歌い「新納鶴千代」「ルンペン節」そして「涙の渡り鳥」となった。西條がこの若き作曲家佐々木が「泣くのじゃないよ、泣くじゃないよ」の作曲に如何に苦心したかを説明しているころ、岸田がいじめられているサーカスの娘を救ってきた。「サーカスの歌」が唱われる。にぎやかな「東京音頭」「愛染かつら」「故郷の歌」と色々なエピソードを折り込みながら列車は進む、人々は民衆詩人西條八十の歩んだ途、その間の日本の運命をしのびながら明日への希望を胸に抱き、近づく東京の空をあおぎながら西條の新作の合唱に聴きほれていた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。