日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

わが生涯のかがやける日
ワガショウガイノカガヤケルヒ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1948年10月02日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹・大船 
レイティング
一般映画  
英語名
The Best Day of My Life  
上映時間
101分  

製作小倉武志、脚本新藤兼人、監督吉村公三郎、撮影生方敏夫はそれぞれ「安城家の舞踏会」「誘惑(1948)」につぐ同じスタッフである。主演は「安城家の舞踏会」「われ泣きぬれて」「受胎」の森雅之、「安城家の舞踏会」「誘惑(1948)」「時の貞操」(大映)「青い山脈(1949)」(東宝)の原節子で、「安城家の舞踏会」の滝沢修、「リラの花忘れじ」「愛情十字路」の井上正夫、「酔いどれ天使」の清水将夫、民藝より映画第一回出演の宇野重吉、それに加藤嘉らが助演している。

スタッフ

製作
小倉武志
脚色
新藤兼人
監督
吉村公三郎
撮影
生方敏夫
録音
大村三郎
美術
浜田辰雄
照明
加藤正雄

ストーリー

終戦の前夜。青年将校沼崎敬太は誤まれる国家観により平和主義者の重臣戸田光政を暗殺し、その娘節子の短剣によって腕に傷をうけた--。一九四八年、歳月は流れ、銀座裏明星ホールの一隅に一人の青年が魂を失っていた。彼は敬太であった。彼を手先に使っている佐川は表面新聞を発行し、裏面は悪徳の限りをつくしていた。彼の経営する明星ホールには父と家を失い転落した戸田節子がいた。節子の義兄平林はかつて鬼検事として自由主義者をろう獄にたたき込み、今は人の目をしのんで佐川の新聞社の一隅に生きていた。節子は運命の皮肉によりいつか敬太に心ひかれ敬太もまた節子を愛した。だが敬太はかつて犯した罪の、あのときの娘の面影を今、その節子に見出してがく然とした。だが今は愛する彼女に打明ける勇気がなかった。佐川は節子をわがものにするため敬太を殺そうとした。暗夜、敬太は佐川の手下に傷つけられ節子に救われた。敬太を介抱した節子は、彼の腕の傷痕に父の仇の人を見出した。しかし彼女は今敬太を愛しているのだ。そのころ佐川の某会社争議破りと民衆殺傷事件を察知した都下有力新聞記者高倉は佐川の新聞社にのりこみそこで平林の姿を見た。高倉はかつて平林のため冷こくなごう問にあい片輪になっていた。彼は逆上したが理性をもって心をおさえた。これを知った佐川は高倉と平林をけしかけ決闘させることにした。高倉がたおれれば犯罪が暴露せず、平林がたおれることにより介添に敬太をつけることから節子は敬太を憎み離れるだろう。だが決闘の夜、平林も高倉も、そして敬太もすべてが佐川のたくらみであると知り、敬太は今こそ人民の敵佐川を憎みそして殺した。彼は自首を決し、節子のアパートへ別れにいった。そして節子の父を殺したことも告白するのだ。節子の眼ざしは静かだった。「知っていました……」軍閥が二人を憎しみ合う位置においたので、今愛し合う二人はそれをのり越えようとしている。二人はひしと抱きあった。この日こそ敬太の生がいに輝ける日であった。翌朝節子の明るい眼ざしに送られて、敬太の姿は警視庁のとびらの中に入っていった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。