日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

追跡者(1948)
ツイセキシャ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1948年06月05日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹・大船 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
63分  

「飛び出したお嬢さん」「不死鳥」「噂の男」(小川記正と協同)の小出孝で「仮面の街」(新藤兼人、岩沢康徳と協同原作・脚色)「飛び出したお嬢さん」(斎藤良輔と協同脚本)の中山隆三が独立第一回の脚本を書き「ニコニコ大会 追ひつ追はれつ」「お笑い週間 笑う宝船」「深夜の市長」以来の川島雄三が監督する。カメラは「飛び出したお嬢さん」「シミキンの拳闘王」「受胎」の長岡博之担当。主演は「旅裝」「噂の男」につぐ佐野周二「われ泣きぬれて」「抱擁(1948)」の徳大寺伸、「シミキンの拳闘王」「旅裝」「受胎」の幾野道子でそれに「受胎」「偉大なるX」の殿山泰司「酔いどれ天使」の山本礼三郎らが助演している。

スタッフ

製作
小出孝
脚本
中山隆三
監督
川島雄三
撮影
長岡博之
録音
小尾幸魚
美術
森幹男
音楽
木下忠司

ストーリー

銀行の金庫破りの容疑者辰三はガン強に口を割らず釈放された。同じ日釈放された秀は辰三にどこへでもつれてってくれとたのむのだった。辰三は秀をつれて山深いホテルにやって来た。そこに集まった辰三、精二、茂吉の三人こそ金庫破りの犯人だった。精二は夜の街で会った女、夏代をつれていた。夏代は彼の素性を知ったけれど彼女の心は逆に精二にひかれた。やがて三人は金を分配し、ズラかる手はずをきめた。秀は辰三に行きがけのだ賃にホテルの金庫を破っていこうとそそのかした、だが精二は秀を警察の回し者とにらんでなきものにしようと計った。精二を好きになった夏代はこれ以上彼に悪事をさせまいと秀に逃げる様にすすめたが、秀はだまってそのおとし穴に入った。そのため秀は彼等にのされてバスルームにほうり込まれてしまった。精二に金庫破りをまかせた辰三と茂吉は裏の林にのがれ精二が金をもってくるのを待った。辰三はふと茂吉が邪魔になって彼を刺して湖につき落としてしまった。明け方精二が金庫破りをやめてやってきた。辰三は怒った。だが精二の心にはすでに人間としての考え方が復活したのだ。それは夏代の愛情によるものかもしれぬ。彼は茂吉の殺されたのを知って辰三を心から憎み彼をなぐりとばした。その瞬間辰三はガケから湖に転落したハッとした精二はホテルにとび帰ると「おれは人殺しまでしてしまった、夏代、お前をまきぞえにしたくない、帰ってくれ!」と叫んだ。そのときドアのところに秀が立っていた。秀は彼ら金庫破りの犯人の確証を得るために追跡して来た立花刑事であった。辰三は湖からはい上がったところをおさえられてすべてを白状したのだった。--ひかれていく精二に夏代は「私はきっと待っている……」とその後姿をいつまでも見送っていた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。