日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

ぜったい愛して
ゼッタイアイシテ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1948年08月16日 
製作会社
大映京都 
配給会社
大映・京都 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
75分  

「春爛漫狸祭」につぐ清水龍之介企画、「素浪人罷通る」「桜御殿」(マキノ映画作品)につぐ八尋不二の脚本を往年新興キネマ時代「城を守る少年」を世に問うた新人加戸敏が戦後第一作として監督する。(加戸敏は本名加藤善太郎、横浜に生まれ、関西高工中退、万潮報の記者より新興入社、のち連合映画に転じ解散後新興復帰、一九四六年大映入社)。撮影は「Zの戦慄」の川崎新太郎。主演は東宝の池部良で「青い山脈」が争議のため一時中止となったので組合の資金カンパをかねて初めて他社に出演し「裁かれる愛情」「春爛漫狸祭」の新人日高澄子と組む。サトウ・ハチロー作詞、古賀政男歌曲の音楽喜劇。

スタッフ

企画
清水龍之介
脚色
八尋不二
監督
加戸敏
撮影
川崎新太郎
録音
大角正夫
照明
島崎壱弐
美術
菊地修平
音楽
白木義信
作詞
サトウ・ハチロー
作曲
古賀政男

ストーリー

ミモザ・アパートにはいろいろな人が住んでいる。作曲家の三木三平と歌手の新子の若夫婦は朝から晩まで甘い歌を歌い続けてアパート中を悩ます。ある日三平が有金をはたいて飲んで来たことから、新子とケンカをするが、留め役に入った伯父石山は逆に、二人の芸術に生きる似たもの夫婦ぶりにアテられる。翌日三平は同じアパートの浪曲狂熊さんと共に放送局ののど自慢に応募するが、二人とも鐘が一つでハネられる。やけくそで大いに飲み、大いに二人は意気投合するが、三平は新子からしかられる。作曲では食えないので三平は保険の外交員となり、とりあえず伯父の家に勧誘に行く。伯父からは問題にされないが途端にラジオののど自慢テスト風景が始まり、新子が三平作曲の「とってもわからない」を歌って合格する。飛んで帰った三平はすぐ新子に歌手になれとすすめ、ハッピー・レコードにいる友人三崎に紹介状を「花岡新子嬢、未婚の女性」と書く。売り込む為の策戦である。結果は不合格となったが好色の社長は美ぼうの新子を秘書にやとう。やがて社長が新子のアパートを見たいということから、表向き独身である新子は困って三平と相談、結局二人は互いの貞操と愛情を信用することにしてしばらく別居ときめる。三平は宝くじ売りとなるが、売れ残った十枚を無理やり伯父におしつける、一方新子はホールで、三平を社長に新進作曲家として紹介するが、新子の指に光るダイヤの指輪を見て、三平は新子が社長のモノとなったことを知り煩もんする。そして全てをあきらめてアパートを出る。そこにかけつけた新子に激励され二人は三平の新作を合唱する。その夜道社長が聞き、たちまち契約がきまり、悲嘆転じ、幸運の絶頂に立つ。やがて三平の新作発表会が開かれたが、三平は洋服がないので伯父の家に飛び、モーニングを強引に借りる。そのモーニングの中に伯父は宝くじを入れてあり百万円の残念賞が当選したので、すぐ三平をおっかける。三平の作曲を新子が歌って大成功を納め、社長の前で二人は始めて夫婦であることを名乗った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。