日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

銀座新地図
ギンザシンチズ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1948年11月02日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹・大船 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
59分  

製作は「火の薔薇」につぐ小出孝。三木蒐一の原作『地下鉄伸公物語』より「風の中の牝鶏」(小津安二郎と協同)「シミキンの探偵王」の斎藤良輔と「男を裁く女」の荒牧芳郎が協同で脚色し、「秘密(1948)」につぐ瑞穂春海が監督する。カメラは「秘密(1948)」の布戸章が担当する。主演は「たそがれの密会」につぐ山内明と「肖像」の井川邦子でそれに「噂の男」「偉大なるX」の逢初夢子、「風の中の牝鶏」「青蛾」の笠智衆、「追跡者」「風の中の牝鶏」の殿山泰司らのほか新人であり第一回の向山和子が出演している。なおこの映画の主演には病気全快した折原啓子が出演予定とされていたが未だ無理であるため井川邦子に変更された。

スタッフ

製作
小出孝
原作
三木蒐一
脚色
斎藤良輔荒牧芳郎
監督
瑞穂春海
撮影
布戸章
録音
新楠元
音楽
田代與志
美術
小島基司

ストーリー

銀座界わいに山田老刑事の温情で更生しているのが椿美容院のマダムお澄、その家に同居している伸吉もかつては地下鉄伸といってならしたスリだったがやはり今は真面目に働く青年だった。そのとなりのアザミ洋裁店の京子は弟の啓吉と二人ぐらし。京子は伸吉が好きだった。啓吉は近ごろ悪い友人中根にさそわれて麻雀にふけり、不良あがりのヤミ屋南郷に四万円も借金をして、苦しまぎれに京子、啓吉らの恩人であり啓吉の主人である山藤の店の小切手をごまかして南郷にわたしてしまう。南郷はかねて京子にほれていたので、その小切手をおとりに京子をものにしようとたくらむ。南郷から小切手をみせられた京子はぎょう天するが四万円の金はどうすることも出来ず、といってそのことが恩人山藤に知れたら生きたそらはないと京子は悲しく決心して南郷の意に従おうとする。この事件を知った伸吉は、南郷のあとをつけまわして生がいやらぬと心に誓った指先で小切手をスリとって京子にかえす。京子は泣いてよろこぶが、しかしそのときは偶然に伸吉のスッた現場をみた山田刑事が伸吉を追ってやって来た。山田刑事は「お前だけは昔の伸にかえると思わなかった、さあこい!」とせっかく更生したと思っていた口やしさと怒りに伸吉をひきたてようとする。しかしマダムのお澄から一切の事情をきいた山田刑事はかえって伸吉の背中をたたいて京子のところへおいていく。「すみません、私のためにいやな思いをさせて……」という京子のことばに「おどろいたろう、昔のぼくを知って……」と伸吉は京子のもとを去ろうとする「いいえ……今の伸吉さんはいい人ですもの」京子は涙にぬれた瞳をあげて伸吉にすがりつくのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。