日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

歌うエノケン捕物帳
ウタウエノケントリモノチョウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1948年12月28日 
製作会社
新東宝エノケンプロ 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
43分  

新東宝とエノケンプロが提供したお笑い歌謡映画。「向う三軒両隣り」と同じく脚本八住利雄「エノケンのホームラン王」の滝村和男が製作を担当し、監督渡辺邦男で撮る撮影は「生きている画像」の河崎喜久三、音楽は服部良一の担当。出演者は「エノケンのホームラン王」の榎本健一、「びっくりしゃっくり時代」の笠置シズ子のコンビに歌謡界から久々の藤山一郎、旭輝子の出演、ほかにエノケン劇団から中村平八郎(如月寛多改め)、北村武夫、田島辰夫、小島洋々なども出演する。

スタッフ

製作
滝村和男
脚本
八住利雄
監督
渡辺邦男
撮影
河崎喜久三
照明
横井総一
録音
鈴木勇
美術
梶由造
音楽
服部良一

ストーリー

江戸の町にうたをふりまきながらかせぐかごかき権三と助十の朗らかコンビ、権三は男まさりの女房おさきに悩まされている。助十はおしげを愛しているがおしげは兄清太郎が上方へ行っている間病身の父清兵衛をいたわって苦しい生活を続けているので仲々夫婦になれない、そこへもってきて悪侍三十郎が借金をたてにおしげをねらっているので助十も気が気でない。清兵衛が米屋へ金の工面を頼みにいった夜、そこへ強盗が入って隠居は殺される。そこの廊下で偶然帰って来た清太郎に出会した清兵衛は彼が下手人だと思って罪を自分で負ってひかれて行く。権三と助十はその夜現場で下手人をみかけており、一時はおく病でしり込みした権三もおさきに励まされて下手人捜査に協力する。占い師に方角を聞いて探し歩いた権三は不可思議な「伺い所」にたどりついたが、それこそ賊の本拠だった。しかも賊の盟主はあの悪侍三十郎だった。一味は捕らえられ、三十郎は替玉おさきを使った偽の祝言の席で一味の黒幕の怪人物と共に捕らえられる。いよいよ幸福になる助十とおしげを囲んで権三、おさきを中に長屋の人々は朗らかに合唱する。清兵衛が牢内で無実の罪のために病死したことは不幸だったが、一同の顔は明るい。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。