日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

天狗飛脚
テングヒキャク

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1949年01月04日 
製作会社
大映京都 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
77分  

企画は「王将(1948)」「黒雲街道」につぐ奥田久司、監督は昨年の正月映画「博多どんたく」以来「悪魔の乾杯」「Zの戦慄」の丸根賛太郎が自らの脚本により久々に時代劇を担当する。撮影は「黒雲街道」の川崎新太郎、主演は最初阪東妻三郎が決定していたが病気のため急遽「黒雲街道」につぐ市川右太衛門に変更。他に羅門光三郎、加東大介、原健作、小杉勇等が助演し東宝の志村喬と新劇の石黒達也「新愛染かつら」につぐ多摩川の相馬千恵子が大映京都に初出演する。

スタッフ

企画
奥田久司
脚本
丸根賛太郎
監督
丸根賛太郎
撮影
川崎新太郎
録音
海原幸夫
照明
島崎壱弐
美術
川村鬼世志

ストーリー

江戸の飛脚問屋の老舗天狗屋も近頃は新進亀屋のために大量の飛脚を引き抜かれ今は辰、六助、太平のわずか三人が残り、それがそろって鈍足ときては店はさびれる一方で、主人佐吾兵衛と娘おしゅんは頭を悩ましていた。ある日、この三人組が町の居酒屋で長太という快足を持つ男を発見した。彼は一回だけの約束で大阪まで手紙を持って走ったが、日限の四日より早く届けて、その快足ぶりは大江戸の大評判となった。こうして二度三度乞われるままの飛脚家業に生甲斐を感じる様になり、おしゅんが彼に好意を寄せる様になり、ますます快調だった。しかし意外な災難が彼にふりかかった。当時江戸の巷を魔の如く跳りようする怪盗がき代の俊足を持つ故にあらぬ嫌疑が長太にかかったのだ。新参の目明し源七は、彼を犯人として連行しようとしたが、長太は必ず怪盗を発見して身の潔白を立てると叫んで逃走した。佐吾兵衛たちは長太を信じたが、長太のいない天狗屋は再びちょう落の一途をたどった。おしゅんは遂に大阪に縁談を求めて江戸を発った。そうしたころ、町の子供たちの間に奇怪な熱病が蔓延し、蘭医仁斎は最後の手段として大阪にある名薬を求めたいと希望し、豪商大黒屋より三千両借りて、飛脚を天狗屋に頼む。辰が江戸を走り出た。この噂を聞いた亀屋は直ちに薬と大金を狙って偉駄天八五郎を飛ばした。そして、更にそれを追って意外にも源七が続いた。彼は怪盗捕縛のためと称したが、実はこの怪賊こそ源七で、金で目明しに化けていた不逞の凶悪であったのだ。その頃源七の正体をつかんだ長太が、三者を追って宙を飛んだ。自分の汚名を辱ぐべく必死の追跡だ。途中源七のあくどい妨害を排し、遂に大阪寸前、源七を取って押さえ、同時におしゅんにも追い付いて、二人は固く結ばれたのである。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。