日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

シミキンのスポーツ王
シミキンノスポーツオウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1949年04月05日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
76分  

「わが生涯のかがやける日」「嫉妬(1949)」の小倉武志の製作。サトウハチローの原作を「オオ!!市民諸君」(斉藤良範と協同)「社長と女店員」の津路嘉郎が脚色「追跡者」「オオ!!市民諸君」につぐ川島雄三の第二回作品。清水金一、堺駿二、勅使河原幸子らのほかに「男が血を見た時(1949)」の高杉妙子が応援出演する。

スタッフ

製作
小倉武志
原作
サトウハチロー
脚色
津路嘉郎
監督
川島雄三
撮影
長岡博之
美術
本木勇
照明
小島清司
音楽
木下忠司

ストーリー

昔、昔そのまた昔のことです。今や萬天原は諸々の神を集めて、力と技の競技会の真最中でした。ベテラン宇佐義金八の大兄は新鋭賀目殿六を尻目に自信満々、あわやゴールインと思われた瞬間、根が女好きでオッチョコチョイの金八の大兄、声援の姫達のスタンドプレーが過ぎて駿六の大兄に追い抜かれ、それを恥じてその場から姿を消してしまった。それから幾千年かの歳月は流れて--今や世を挙げてスポーツ狂時代、賀目家の子孫、駿六は万能選手として君臨し、彼の経営するスポーツ店は非常な人気を呼んでいた。駿六の妹自由里は体育学校を出て、人体研究の権威森羅万象博士の研究室に勤めていたが、傲慢な兄の態度に、いつも反感をいだいていた。時も時北アルプスの山中から現れた金八という山男、女スポーツ記者弓子の世話で入京するが、この金八の快速をだしに一もうけしようとたくらんだのが弓子の新聞社の社長。だが、祖先の金八大兄に比し、気の弱い金八、あまりの人出にのまれて、駿六にあっさり負けてしまった。負けた金八はそのまま上天して、祖先に謝ったが、金八大兄そのふかいなさに、今度は自分が出場しようとするが、奥方に怒られてしょげてしまう。ようやく目を盗んで下界した大兄今度は自転車競技で駿六と対戦、あわや、勝とうとしたが、昔と同じく女にデレつき出した。びっくりした自由里が泣き出そうとした時、金八が奥方から、大兄の図々しさを半分もらって下界、大兄にとって返って見事優勝。その図々しさで自由里にプロポーズし、二つのゴールインを一ぺんにしてしまった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。