日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

魔の口紅
マノクチベニ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1949年04月12日 
製作会社
映画芸術協会 
配給会社
映藝協 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
87分  

東横京都撮影所で製作される芸協作品で、斎藤良輔がサンデー毎日に掲載したスリラーシナリオから松竹脚本部の鈴木兵吾が脚色した。監督は「結婚狂時代」につぐ佐々木康で、「男を裁く女」以来東横における二回目のメガホンである。カメラは大映京都の石本秀雄で主演は「青春賭博」につぐ水島道太郎(フリー)「花くらべ狸御殿」につぐ喜多川千鶴(大映)の二役「検事と女看守」につぐ浜田百合子(東宝)で、他に新東宝の江川宇禮雄、東横の月形龍之介、花柳章太郎の息子青山健吉、杉狂児の息子杉義一らが助演する。

スタッフ

企画
本木莊二郎
原作
斎藤良輔
脚本
鈴木兵吾
監督
佐々木康
撮影
石本秀雄
照明
西川鶴三
録音
武山大藏
美術
堀保治
音楽
万城目正

ストーリー

雨の夜、山斗劇場の楽屋口に演出家の村川を訪ねたのは四年前に自殺した人気歌手野上静江である。楽屋は忽ち恐怖のどん底に陥ったが、実は彼女は静江とは瓜二つの妹珠江であった。珠江の熱心な希望により彼女を一座に加えてから劇場には次々と不思議な事件が起こった。村川の劇団再建の努力は興業界のボス河田の妨害で妨げられ、あまつさえ唯一のスター月影みどりが河田の魔手に踊って脱退してからは手も足も出ず、やむなく珠江を主役に抜擢してみると姉にも勝る才能で、一同の愁盾を開いたが、河田はまたも新聞記者宗六を使って珠江を引き抜こうとする。折も折、山手劇場ではかつて静江が死んで開かずの間からもれる静江の歌声に恐れて続々退団するものが出て珠江も責任を感じたが、村川の熱意と彼に対する尊敬から珠江は劇団と運命を共にしようと決意する。ところがその村川こそ姉の愛情を踏みにじり死に導いた人であることを聞いた河田のもとに走る。河田は得たりと彼女を日比谷音楽堂の音楽会に出して大成功を収めた。一方みどりはこの音楽会に出ることを条件に村川の手を離れたので珠江をにくんで音楽堂に来るが、珠江の歌の見事さに何時しか怒りも消えてしまう。かくして大成功を収めた珠江は河田のために待合いに連れ込まれたが、みどりの出現によって難をのがれ、ここで初めて河田こそ同じ手段で姉の貞操を奪った悪魔であることを知った。あらゆる誤解のとけた村川、珠江、みどりは協力して、今度こそ劇団再建を誓うのであった。しかし珠江に逃げられみどりを失った河田の最後の毒牙が開幕した山手劇場の舞台裏にみがかれていたのだ。熱狂する観衆、踊子の群舞、調子ずくオーケストラ、その舞台裏でみどりが小屋番の怪奇な行動を目撃したころ、楽屋では珠江がいわくあり気な口紅を、その唇にぬろうとしている。しかも死んだ日の姉と同じ様に……。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。