日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

異国の丘
イコクノオカ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1949年04月25日 
製作会社
新東宝渡辺プロ 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
90分  

渡辺邦男プロダクション第一回作品である。製作は「拳闘狂一代記」につぐ渡辺邦男に佐藤一郎が協同し『主婦と生活』連載の芹沢光治良原作『夜毎の夢に』より渡辺邦男、北沢誠が協同で脚色。監督は渡辺邦男である、撮影は「馬車物語」以来の平野好美が担当。主演は「斬られの仙太」の花井蘭子「結婚三銃士」の上原謙で、それに「検事と女看守」の大日方伝浦辺粂子らが出演する。

スタッフ

製作
渡辺邦男佐藤一郎
原作
芹沢光治良
脚色
渡辺邦男北沢誠
監督
渡辺邦男
撮影
平野好美
照明
横井総一
録音
鈴木勇
美術
小川一男
音楽
飯田信夫

ストーリー

久米子は何んの苦労もなく娘となり、そして岩崎家の長男清と結婚し、清の愛情の中で幸福であった。やがて久米子は母となる日が来た。国雄が生れた。そして月日が流れ、時子が生れ出る直前清は召集され出征した。この日から久米子は歯をくいしばるようなつらい日がはじまったのだ。女学校時代の親友伊藤文子はそんなときただ一人久米子の力になってくれた。文子の夫も同じように出征していたのだ、久米子は夫が子供たちを音楽家としてたたせたいと常にいっていたことを思い、夫の清自身音楽家を望んで果されず、一技師としてただ余暇にヴァイオリンをなぐさんでいただけだったので、夫のいない間に何んとかして二人の子供に音楽を身につけさそうと思い切って貯蓄のすべてをピアノに変え子供にあたえた。だが烈しい戦はか細い久米子一人の腕でどうにも支えきれなくなってきた。やがてながい戦いは終り、夫の消息は判らなかった。そんなとき友人文子の夫に戦死の公報が来た。だが文子は久米子にすがっていうのだ「きっと生きている!あのひとは」と。その文子の思いが夫に通じるように死んだはずの文子の夫は帰ってきた。だが、運命は久米子にもめぐって来た終戦後三年もたった今、久米子のもとへ夫清の戦病死が知らされたのだ。久米子はヘタヘタとなってしまった。しかし文子は久米子をはげまして、きっと生きているという確信をあたえてくれた。もう経済的にも苦しく、家を売り、物を売り、でもピアノだけははなさなかった。ただ夫の生きていることを信じて……。そして、ああ、久米子のはげしい夫への愛情は本当に夫を生きて帰してくれたのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。