日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

白虎
ビャッコ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1949年06月20日 
製作会社
東横京都 
配給会社
連合プロ 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
88分  

「流星」「面影三四郎」の富田常雄の原作で「王将(1948)」の伊藤大輔が脚本を書いた、監督は「二十一の指紋」の松田定次、キャメラは「酔いどれ天使」で撮影賞をもらった伊藤武夫が受持つ、企画は「不良少女(1949)」のマキノ満男、連合映画作家協会第一回作品である。原作は大阪新聞に連載されたもの。片岡千恵蔵の松竹第一回出演、その他キャストは月形龍之介、志村喬、坂東好太郎、宇野重吉、進藤英太郎等が顏を揃える。

スタッフ

製作
マキノ満男
原作
富田常雄
脚色
伊藤大輔
監督
松田定次
撮影
伊藤武夫
照明
西川鶴三

ストーリー

明治十五年ころ、自由民権の思想は遼原の火の如く拡がっていた。熱血憂国の士水上乙二郎は、恐るべき官憲の暴圧に抗しつつ各所でその血の出るような演舌会を開いていたが、警察の網は強力に縮まり、遂に東京から去らねばならなくなった。乙二郎に前々から心を寄せている玉ずしのお艶坊とも暫く別れることになった。追われ、流れて、岐阜の町はずれの芝居小屋で、乙二郎は坂東駒十郎というナカナカに気骨のある役者と知り合った。彼は乙二郎を励し、力になってやると約束した。その小屋のお茶子に雇われていた登志は乙二郎と相引き合う気持ちを感じた。乙二郎の心は時と共に登志の清純さに傾いていった。その折、まずい事件が起った。板垣退助がこの土地の演舌会で襲撃され驚いてかけつけた乙二郎を、真野刑事が捕えようとした。二人の格闘。乙二郎はちょうど手に触った刀の柄でなぐりつけ、真野はこん倒した。明る日、真野の死亡が伝えられた。そして、刀の持主である登志の義父磯貝彦之丞が検挙され、自殺してしまった。乙二郎の驚がく、苦もん。その彼の前に漂然と現われた男。探てい刑事富岡英一。富岡は暗に、俺は知ってる、と乙二郎にほのめかした。乙二郎の苦悩は更に増した。その後の長い年月。追われる乙二郎と、追う富岡の、凄じい心理の葛藤。乙二郎は心に深く決し、日本一の男になって、そのあかつきに登志に総てを話そうと思っていた。坂東駒十郎は蔭になり、日向になり彼を助けてくれた。再び東京に現われた乙二郎は、人が変わったように酒を喰い暴れた。でも、心の苦もんを払いのけることは出来なかった。富岡は出世し警視になって羽振りをきかしていた。乙二郎は東京から退去を命ぜられた。登志は柳橋から芸者に出ていて、富岡は彼女をしつこく追い回わしていた。彼女は固く拒みつづけた。数年経ち、乙二郎は壮士芝居の座長として、颯爽東京に現われ、死んだと伝えられた真野が姿を見せた。富岡の陰謀は遂に暴かれた--。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。