日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

旅姿人気男
タビスガタニンキオトコ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1949年07月05日 
製作会社
新東宝 
配給会社
新東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
85分  

製作は「異国の丘」につぐ佐藤一郎原作は高田保の喜劇脚本「大ざくら剣戟団」を映画化したもので、同じく「異国の丘」の渡辺邦男が脚色並に監督するほか、撮影も「異国の丘」の平野好美で、ほとんど同一スタッフが担当している。主演は「佐平次捕物控・紫頭巾」につぐ大河内傳次郎に「歌うエノケン捕物帳」以来の榎本健一の映画出演に「湯の町悲歌」の宮川玲子が共演している。

スタッフ

製作
佐藤一郎
原作
高田保
脚色
渡辺邦男
監督
渡辺邦男
撮影
平野好美
照明
横井総一
録音
鈴木勇
美術
梶由造

ストーリー

チャンバラものを売りものにしていた旅回りの大桜剣戟団の一座の中にも、もはや太刀回りなど止めて現代劇に転向しようという座員の空気が強くなってきた。その中にあっても座長の大桜を絶対支持するものがあった。働き者の小桜こと半ピンと呼ばれる小男と、道具方の庫造と、大桜をひそかに恋したう吉野さくらだった。ある町に流れてきた一座は、太刀回りのチャンバラを社会に影響するからという理由で警察署長に禁じられてしまった。そこで大桜現代劇団と名も改めたが、おさまらないのは若い座員で、現代劇団という以上はマゲものを止めて現代劇に重点をおこうとする空気が濃厚になってきた。そこへもってきて劇場主はチャンバラだと興業的にも巧くいくから警察の目のないときだけ合図で派出な太刀回りをやってくれと相談をもちかけてきたのである。生来潔癖な大桜はガンとしてきかず、時間がきても酒を離さない始末に舞台に間があくし、若手は怒って楽屋に入ってしまった。その間を大桜に突き出されたヒョウキン者の半ピンが時間をつなぎつづいて大桜が舞台に出て、わずか二人で座員一同の責任を一手に引きうけて、立派に穴をうめたのだった。一、絵本太閤記、尼ケ崎の段、一、所作事八百屋お七、一、御存知国定忠治赤城山の場、一、東海道四谷怪談、と二人は矢つぎ早にふん装しては何役もつとめ、最後に盛大な拍手の中に幕が閉じられたときは、座長の大桜は疲労で倒れてしまったほどだった。その事件があってから、今まで馬鹿にされていた半ピンが大役をしてのけたというので座員から一大反撃をくらって、まさに半ピンは除名されるところだった。その時ふと気がつくと半ピンの姿が見えないのだ。半ピンはサンドイッチマンが急病で宣伝が出来ないと聞いて、自分からその役を引受けたということが解り、だれも言葉を挟むことが出来なかった、結局一座のことを一番心配し、誠意をもって実行してくれるのは半ピンの小桜以外にないと悟った大桜は、半ピンに一座をまかせる決心をしていた。一座のゴタゴタもしずまり、去って行ったものも思い返してもどってきた。何事にも屈しない半ピンの誠意が始めて分ってきたのだ。そして一座はまた隣り町へと出発した。しかしその船出に半ピンの手に握らされたものは一座をまかなうお金だった。大桜は娘のいる田舎へと若いものに一座をゆずって去っていったのである。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。