日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

透明人間現わる
トウメイニンゲンアラワル

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1949年09月26日 
製作会社
大映京都 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
87分  

「三つの真珠」の安達伸生が脚本、演出を担当し撮影は「わたしの名は情婦」の石本秀雄が受持。製作は奥田久司、出演は「ジャコ万と鉄(1949)」の月形龍之介「三つの真珠」「母恋星」の喜多川千鶴「花くらべ狸御殿」に水の江滝子「母恋星」の夏川大二郎のほかに羅門光三郎(「飛騨の暴れん坊」)、小柴幹治(「幽霊列車」)大伴千春、上田寛、伊達三郎などである。なお特殊撮影の担当は円谷英二。

スタッフ

企画
奥田久司
脚本
安達伸生
監督
安達伸生
撮影
石本秀雄
照明
岡本健一
録音
西梧郎
美術
中村能久
特殊効果
円谷英二

ストーリー

中里化学研究所の中里博士は凡ゆる物体を、人間をも透明にする薬品を発明し、その還元薬を未だ完成せぬある日、行方不明になった、その愛弟子瀬木と黒川は共に博士の令嬢真知子を結婚の相手にと望む競争相手だったが、博士の失そう後続いて黒川が行方知れずになるそれから幾何もなく宝石商天宝堂に透明の身体を持った怪賊が現れ時価八百万円といわれる名ダイヤ「アムールの涙」を奪わんとして果さず、二度目にはそのダイヤの持主長曽我部君子とその友人でレヴューの花形女優水城龍子--それは黒川の妹だった--の居室を襲って遂に君子の執事畑中を殺してしまうが龍子の機転でダイヤは再び救われる。次々と起る凶悪事件の犯人透明人間の正体が失そう中の中里博士であるといううわさが広まって行く時、そんなことはないと固く信ずる真知子と今は彼女と互いに愛し合うようになった瀬木の二人は協力して警察と共に真相を知るべく努力していたが中里研究の附属しているカワベ薬品会社社長河辺の正体に疑惑を持ち始めた、その疑惑が決定的となったある日、真知子は龍子から預った問題のダイヤを持ったまま父からの電話と偽られて河辺に自動車で連れ出される、それを追って疾走する無人の(透明人間が運転する)オートバイ、さらに彼らを追跡する武装警官隊、ダイヤはもとより命まで奪われそうになった真知子は危い所で助けられ、河辺は透明人間の為に射殺され、その透明人間はまた警官隊の弾丸に倒れて妹龍子の腕に抱かれて息絶えるのだった、博士の発明を知った河辺は博士を監禁し、ダイヤを奪うために博士の依頼だと偽わって黒川に透明薬を飲まし、実際には完成されていない還元薬を代償に与えるといっては彼に悪事を強いて来たのだった、悪用された科学の恐るべき害毒の犠牲となって黒川は殺人の罪までおかし最後には命をも失ったのである。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。