日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

薔薇はなぜ紅い(1949)
バラハナゼアカイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1949年10月11日 
製作会社
松竹・京都 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
93分  

製作は「彼女は答える」と同じく小倉浩一郎と杉山茂樹の協同で「嘆きの女王」「地獄の笛」の沢村勉が脚本を書き「殺人鬼」につぐ大曾根辰夫が監督する。キャメラは「殺人鬼」の太田真一の担当。主演は「ジャコ万と鉄(1949)」の浜田百合子、「フランチェスカの鐘」「殺人鬼」の鶴田浩二、「嘆きの女王」の沢村晶子で、それに「平次八百八町」の柳永二郎、「母呼ぶ鳥」の永田光男、その他安部徹、志織克子らが出演する。

スタッフ

製作
小倉浩一郎杉山茂樹
脚本
沢村勉
監督
大曾根辰夫
撮影
太田真一
照明
村田政雄
録音
福安雅春
美術
原田誠一
音楽
鈴木静一

ストーリー

土曜日報社社長北条は不思議な死をとげた。当局は船上からの自殺と断定した。娘の泰子は瀬川総務部長と婚約の間であった。社長が瀬川を信用していたのだ。事件直後日報社に魚住青年が現われ、生前社長の招きで編集部長になることになっていたという。瀬川はこれを拒絶した。魚住は社長の死因に疑惑をもち、一記者として入社し総務部の早苗という女事務員の協力を得た。町のボス梶源に目をつけた魚住は、次第に真相をつかみ、瀬川は梶源の手先であり、そこに土曜日報社がボスの御用新聞になりつつあることを知った。そのころ、居住者を追立て、そこへ競馬場を設置して甘い汁を吸おうとした悪らつな梶源のこんたんがあり、かつて市会議長でもあった北条だけが反対していたが、北条の死後急に市会を通過して、梶源の子分が居住者追立てを強行しはじめた現状を魚住は知り、新聞でバクロするために立上った。正義の社員が集った。そして夜間瀬川の知らぬ間にバクロ記事をのせた新聞が印刷され、町にバラまかれた。そのころは社長のあとをついで日報社女社長となっていた泰子も、ようやく瀬川の悪業を知り、瀬川との婚約を破棄した。泰子の心は魚住に傾いていたのだ、だが、早苗もまた魚住を慕っていた。新聞のバクロ記事によって町は沸き、大衆は闘争に立った。その日、早苗は泰子もまた魚住を愛していることを知って自分は身を引こうと、船にのって四国の故郷へ帰ることにした。はじめて早苗の気持を知った泰子は、魚住に「あの人を幸せにするのは貴男です」とあとを追わせる。出帆間ぎわ、魚住はようように間に合った。船で魚住と早苗は結ばれた。だが魚住を追うあやしい男があったのだ。その夜、早苗が一寸船室へ入ったとき、魚住はあやしげな男のため海中へ投げこまれた。が幸い、これを見ていた船員によって救われ、犯人もつかまった。犯人は梶源の子分八十川だったそしてかつて北条を海へ沈めたのも彼だったと自供した。梶源も、瀬川もあげられ、町は明るくなった。新聞社の社長室で、亡父の好きだった紅バラを胸にさした泰子は「私の夫は新聞だけ」と、さびしくほほえんだ。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。