日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

エノケン・笠置の極楽夫婦
エノケンカサギノゴクラクフウフ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1949年11月01日 
製作会社
新東宝エノケンプロ 
配給会社
 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
81分  

製作は「拳闘狂一代記」の滝村和男で中野実の原作(面白倶楽部連載)を松浦健郎が脚色し「わたしの名は情婦」につぐ森一生が監督する。キャメラは「エノケンのとび助冒険旅行」の河崎喜久三担当。主演は「エノケンのとび助冒険旅行」の榎本健一「銀座カンカン娘」「果てしなき情熱」の笠置シヅ子「銀座カンカン娘」「花嫁と乱入者」の灰田勝彦「旅姿人気男」の旭輝子で、それに「踊る龍宮城」の横尾泥海男や「あきれた娘たち」の清川玉枝、清川虹子「鍋島怪猫伝」の横山運平などが出演する。

スタッフ

製作
滝村和男
原作
中野実
脚色
松浦健郎
監督
森一生
撮影
河崎喜久三
照明
佐藤快哉
録音
根岸寿夫
美術
下河原友雄
音楽
服部良一

ストーリー

漫画家の高原と新妻のコナミは手をとりあって熱海へ新婚旅行--ところが宿屋へ電報で、恩師タニ金先生が上京して留守宅へ来てるという、二人は驚いて帰ってみるとタニ金先生はすっかりそこへ居座るつもり。新婚ホヤホヤの二人はこまって貸家さがしをはじめる。小説家の吉永と新妻松子は新婚早々アパートから追立てを食って、しようことなく貸家さがしをはじめる。吉永は家をさがすために一時貸家、貸間のブローカーの外交員になって自分の家をさがすことにする。一方コナミも別の貸家、貸間あっせん会社の外交員となって自分の家をさがしまわる。ところがやっとみつかったのは四十男のいやらしい奴の家で、独身の娘に限るという。その家は吉永とコナミがちょうど鉢合せのようにして同時にみつけたので、二人は競争で、コナミは娘に化けて夫の高原を老人にふんそうさせて父だといってつれてくるし、吉永は自分が父親に化けて妻の松子を娘にしてのりこみ、二組の戦闘が開始される。だがコナミ組が一足早く、うまくごまかしてその家に入ったがすぐバレて追い出され、それからというものさがすところさがすところで吉永組とコナミ組は鉢合せをしては失敗し、とうとう最後に住宅復興祭ののど自慢で、一等組立住宅一組を目当てに、双方はり合い、双方とも一等になったけど賞品は玩具の組立住宅。力つきてボンヤリと公園のベンチにすわるコナミたちに、そばの老婆が「あんた方に子供があれば孫だと思って室を貸す」という。コナミと高原は浮浪児をみつけて来て子供に仕立て、うまく老婆の家へいくと、そこへ老婆の亭主の老人につれられて吉永組がきている。吉永組も力つきてボンヤリしているところを、「満州で死んだ伜夫婦によく似てる」というので引きとられてきたのだ。その家には同じような住宅のない夫婦や子供がウヨウヨ。でも、やっと、コナミ組も吉永組も家にありついたというわけ。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。