日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

地獄の笛
ジゴクノフエ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1949年05月09日 
製作会社
芸研プロ 
配給会社
藝研プロ 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
85分  

「殿様ホテル」につぐ芸研第二回作品製作岩井金男、脚本は「フランチェスカの鐘」「嘆きの女王」の沢村勉、演出は「殿様ホテル」のクラタ・フミンドと往年日活多摩川の監督森永健次郎が協同で当り、カメラも「殿様ホテル」の会田吉男と永塚一栄の協同である。出演者は「殿様ホテル」の井川邦子「不良少女(1949)」の徳大寺伸「一寸法師(1948)」の鈴木美智子「朱唇いまだ消えず」の佐分利信「魔の口紅」の江川宇禮雄「不良少女(1949)」の星美千子らである。

スタッフ

製作
岩井金男
脚本
沢村勉
監督
倉田文人森永健次郎
撮影
永塚一栄会田吉男
照明
伊藤憲一
美術
北川恵笥

ストーリー

監視員渋谷哲郎は上野駅でヤミ煙草の取締中、葉煙草の一杯入った持主のないリュックの中から出て来た封書の宛名牧原ミサを尋ねた。ミサは土地家屋売買業山岸商会の勤人ということは表向きで煙草密造者山岸勇造の情婦であった。山岸の密造煙草は茨城のミサの伯父喜作のところから仕入れてくる葉煙草で作られていた。山岸達の行動を怪しいとにらんだ渋谷はヤミ煙草売であげられて来た葉室桃子を山岸の工場の女工に勤めさせることにした。ミサは渋谷をキャバレー青い鳥の尾崎と信じてヤミ煙草を買ってもらうためにキャバレーへ相談に出掛けた。ミサの紹介したヤミ煙草屋野元と八重は直ちに専売局にあげられた。「貴方を信用してこの人達を紹介したのに」とミサにいわれても渋谷の職務が赦さなかった。渋谷はミサと会って現在の生活から足を洗えと熱心に説いた。ミサは渋谷の言葉を有難く聞いたが、山岸という鎖につながれている自分が悲しかった。桃子は渋谷へ送る手紙を山岸に見つけられてきびしいせっかんをうけたが「好きな渋谷さんのためなら構わない」という桃子の言葉にミサの心は決った。二人の幸福を祈って自分は今の生活から足を洗い清く生きようと思った。喜作の許に帰ったミサの後を追って山岸が現われたが、その後を渋谷が追った。ミサは渋谷の身代りになって山岸のピストルに撃たれた。「もっと奇麗に生きる」といいながらミサは死んで行った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。