日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

地下街の弾痕
チカガイノダンコン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1949年05月02日 
製作会社
大映京都 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
85分  

大映京都が国家警察大阪管区本部の指導をうけて製作する密輸団検挙に活躍する警官隊の労苦をえがいた映画。企画は辻久一、監督は森一生、何れも「紅蓮菩薩」、脚本柳川真一、撮影石本秀雄は共に「最後に笑う男」のスタッフ。出演者は「最後に笑う男」でデビューした二本柳寛、京マチ子「静かなる決闘」の志村喬「最後に笑う男」の伊達三郎「地獄の貴婦人」の高田稔「わが恋は燃えぬ」の菅井一郎「白髪鬼」の大友柳太朗「黒雲街道」の阿部九洲男ら出演。

スタッフ

企画
辻久一
脚本
柳川真一
監督
森一生
撮影
石本秀雄
録音
海原幸夫
照明
湯川太四郎
音楽
深井史郎
美術
中村能久

ストーリー

深夜の大阪駅地下街で一つの殺人がある。被害者の身許を調べるうち意外にも彼は事件担当の新聞記者関口の妹でかつて婚約の皆川刑事を裏切って金の為の結婚をしたみち子の夫金子であることが判る、金子の会社というのが幽霊会社であることからそこの課長と称する勝見を調べて行くうち彼の背後には相当の大物があることが捜査本部でも判って来た。ひんぴんと発生する貨車盗難事件、金子の殺害に使われた外国製で未輸入のけん銃、金子が無電技師だったことなどからその大物こそ国際的な密輸団であると捜査本部は色めきたつ、皆川刑事は賊の連絡がキャバレー・コンガで行われていることを知りそこに乗りこんで女給になったみち子を口説いている貴金属商会の社長古賀を発見する。実業界、政界を牛耳っている有力者古賀こそ密輸団の首かいで一切の悪の下手人だったのである、しかしそこで油断した皆川は賊の一味にみち子と共に何処にか拉致されてしまう。その頃短波無電の怪信号をようやく解読した捜査本部では密輸団の集合を機に一網打尽すべく総出動する。激しい銃弾の雨をぬってみち子をかばいながら皆川は警官隊にとび込み団長は古賀だと知らせ逮捕に活躍する、彼らは一そうされ団長古賀も捕えられ一味はことごとく根絶される。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。