日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

影法師(1950)
カゲボウシ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1950年01月03日 
製作会社
松竹・京都 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
75分  

製作は「破れ太鼓」「恋愛三羽烏」の小倉浩一郎。「七彩の虹」の鈴木兵吾の脚本により「薔薇はなぜ紅い」の大曾根辰夫が監督する。カメラも同じく「薔薇はなぜ紅い」の太田真一の担当。主演は「破れ太鼓」の阪東妻三郎の一人二役。「おどろき一家」の入江たか子「甲賀屋敷」の山田五十鈴で、これに「花の素顔」「処女宝」の山村聡、「野良犬(1949)」「甲賀屋敷」の山本礼三郎などが出演する。

スタッフ

製作
小倉浩一郎
脚本
鈴木兵吾
監督
大曾根辰夫
撮影
太田真一
照明
村田政雄寺田重雄
録音
福安雅春
美術
平川透徹
音楽
鈴木静一
考証
甲斐荘楠音

ストーリー

(前篇)幕府の御金蔵が破られた夜、蔵番士宇津木は既に倒された。同僚龍之介は責任を感じ、また宇津木の美しい妻千賀のためにも犯人を捕らえる決心をする。千賀の義弟新二郎、龍之介の浪宅の近くの与力植辰一家。それらが龍之介に協力した。時にニセ金出現!悪政柳沢一派の策動である。これの手先は小山田鉄心で浪人を集めて柳沢の力となっている。その浪人の天堂左近、黙然と酒を飲み、興おこれば横笛を吹く男だが、その手腕に、鉄心も舌を巻くほどである。彼らの隠れ家に来る三味線師匠お夏は左近に首ったけだが近寄り難く思っている。一方怪しい浪人を片っぱしからつけ出した龍之介と新二郎につぶて!「爾今手出し無用」植辰一家へも覆面の影法師が同じ文句を--。そこへ龍之介が帰って見合わす顔、それは全く瓜二つであった。ニセ金の被害は拡まっていき、やっきとなった植辰の乾分半次は隠れ家をつきとめたが死体となって戻って来たし、あまつさえ、千賀は龍之介からの使いだとだまされて連れ去られる。急を聞いて龍之介は敵のさそいに乗って単身上野寛永寺坂を行く。殺気みなぎる寛永寺坂に相見る宿命の影法師二つ。 (後篇)対じする龍之介と左近。轟然隠れ家は爆破した。鉄心一味自ら爆破したのだ。一味は千賀を伴って鉄心の隠れ家に引き上げた。龍之介は千賀の在所を求め、お高祖頭巾の女お夏を追跡する。そして左近になりすましお夏の口から彼らの背後関係を聞き出した。隠れ家では龍之介に慕情を燃やす千賀の姿に、左近は暖かい眼を向け、千賀に手紙を書かせて龍之介に届けた。そのとき左近の腰に自分と同じ印篭を見て、龍之介は何か思い当たる感情を抱いた。やがて鉄心の隠れ家をつきとめた龍之介は遊左内膳正に報告した。しかし内膳正は幕府の醜状をさらけ出しがたく、内密にしたいから手をひいてくれと哀願した。龍之介は侍がいやになった。生命をかけて働いて来たこの大事がヤミからヤミに葬り去られることは--。彼は泣いた。植辰も怒った。そして植辰の言う、わしらは江戸八百八丁の町民が味方だということばに、龍之介は新しい覚悟をする。はい然たる雨の夜、植辰一家を中心とする捕物陣は隠れ家を包囲した。千賀を助けようと地下室へ入った左近はそこで龍之介と再会した。運命は二人が幼時別れた双生児だと知る。二人は懐かしく名乗り合ったのも瞬時、捕物の混乱に陥った。千賀を龍之介に渡した左近は夏を求めて鉄心の部屋へ飛び込んだ。激怒した鉄心を左近は遂に倒したが左近もまた銃弾に倒れた。続いてお夏も。二人は地をはって名を呼びつつ息絶えた悪の壊滅--。明ければ正月元旦。侍を捨て植辰の後を継ぐ決意を固めた龍之介とうれしく寄り添う千賀。江戸の青空にタコが踊っていた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。