日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

初恋問答
ハツコイモンドウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1950年01月15日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
77分  

製作は「悲恋模様」「七彩の虹」の陶山鉄。「花の素顔」「恋愛三羽烏」の斎藤良輔が脚本を書き、「花の素顔」につぐ渋谷実が監督する。カメラは「花の素顔」の長岡博之が担当する。出演は「帰国」「暁の脱走」の山口淑子、「真昼の円舞曲」の井川邦子、「花の素顔」の佐分利信、村田知英子、「悲恋模様」の佐野周二、「生さぬ仲」の宇佐美淳、「女殺し油地獄(1949)」の沢村貞子、「脱線情熱娘」の河村黎吉らである。

スタッフ

製作
陶山鉄
脚本
斎藤良輔
監督
渋谷実
撮影
長岡博之
録音
新楠元宇佐美駿
美術
浜田辰雄
音楽
浅井挙曄

ストーリー

温泉宿あやめ館の若い女主人夏子は東京の妹とみ江が病気だというので、女中きくをつれて上京してみると、とみ江の家に若い吉川という男が下宿している。とみ江は吉川に気があって、下宿代もとらず、姉が資本を出した小料理屋も、借金がかさんで閉店している。金利貸の番頭三平はとみ江に気があって、利息の足しにとみ江に女中に来てくれという、勿論女中に来ても何んにもさせないというのだ。吉川は麻雀クラブのマダム記代にほれられている。夏子がやって来てから吉川、三平の態度が変わって、夏子にいろいろとお世辞をいうようになる。そこへ田舎から夏子の顔を見たくて木島が上京してくる。夏子は木島のことは何んとも思っていなかったけど--ところが木島は汽車の中で鞄をとられて無一文。とみ江の家へ泊まりこむことになる。三平は高利貸しのおいぼれ婆が死んだら財産をもらえると思って番頭をやっていたが、田舎からあとをとる甥が上京するというので、すっかりくさった三平は、とみ江のところへころがりこむ。二階には吉川、木島、三平。下には夏子、とみ江、きく。そしてそこへ木島を警察から呼びにくる。その間に吉川と三平の態度を決める時が来た。とみ江は自信をもっていたが吉川は夏子と結婚するといい、三平はめんくらった形でとみ江と一緒にいることにする。木島は鞄が出て警察から帰るが、夏子が吉川と結婚することを知ってびっくりする。--とみ江と三平の新しい生活は始まり、木島は東京へ残り高利貸しの番頭となる。夏子は吉川と一緒にあやめ館へ帰る。汽車の中では女中のきくが木島にあてて手紙を書いていた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。