日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年4月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

続不良少女
ゾクフリョウショウジョ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1950年02月07日 
製作会社
東横京都 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
78分  

「ホームラン狂時代」「弥次喜多猫化け道中」のマキノ満男のプロデュースに、企画は「野良犬(1949)」の本木莊二郎。「歌うまぼろし御殿」につぐ小田基義の監督、脚本はシナリオ四八会に所属する、小森静男、若尾徳平の共同執筆に出演は前作「不良少女(1949)」に同じく久我美子のほか、「歌の明星」につぐ灰田勝彦、それに徳大寺伸、小杉勇らが共演している。

スタッフ

製作
マキノ満男
企画
本木莊二郎
脚本
小森静男若尾徳平
監督
小田基義
撮影
藤井春美
照明
福田次郎
録音
加瀬久
美術
堀保治
編集
宮本信太郎

ストーリー

安ホテルの一室で処女を失った瑛子は、運悪く不良狩りの網にかかって金ちゃんと共に捕まった。引き取りにわざわざ警察まで来てくれた姉夫婦の前にも、瑛子は少しも改心の様子を示さないばかりか、ますます犯行的な態度に出るようになった。ある日瑛子は家人のすきをみて、家を飛び出し、奔放な生活に入っていった。バーの女給にまでなった瑛子はその日々をまったく享楽的に過ごすようになったが、そのバーにある夜、いままで真面目だった女学校時代の友人、民恵が許嫁の森川のにえきらない態度に、業をにやして、いつか華美な生活に心ひかれるようになり、新興成金の吉永と、二人で姿を現すようになった。その頃与太者のために傷を負わされた矢野を看護するうち、瑛子はいつか矢野に心ひかれるようになった。はじめて瑛子の知った恋……。瑛子は、彼女独得の性格上直接、矢野と談判したが、一笑にふされた。この時姉にうるさくいわれていた純潔がいかに尊いものかを知った。いままで、まったく無関心であった処女性について、真剣に考えざるを得なくなったのである。間もなく瑛子の姿はバーから消えて、矢野のアパートの管理人の女中になって住み込むようになり、何くれとなく矢野の身の廻りの世話をするようになった。やがては矢野のあとについて離れぬ瑛子だった。クリスマスの晩など立派なケーキを室に飾って矢野の帰りを待っている誠実さに、さすがに矢野も瑛子をいじらしいと内心は思うようになった。瑛子の心に素直な反省の精神が宿り始めたころ、民恵は、実直な森川に不満を感じはじめた心のすきに、色魔の吉永のために、大切な処女性を一夜のうちに奪いさられてしまったのである。たとえ吉永の奸策にあったとはいえ、自分の行為を恥じた傷心の民恵は、愛する森川と共に過ごした思い出の地、伊豆の大島へと、一通の手紙を瑛子に残して死出の旅路にたって行ったのである。手紙を読んだ瑛子は、あんなに真面目であった民恵に、このような哀しい運命をたどらせたのも、もとはと言えば、やはり責任は自分にあると、いままでの過去における数々の出来事を反省した。自責の念にいたたまれず、瑛子は、森川に急をつげた。取るものも取りあえず、森川は、愛人民恵を追った。そしていまや出帆しようとする大島行きの汽船に辛うじて間に合った森川は、泣きぬれた民恵のすべてを許して、かたく抱擁した。そして離れようとした若い二人の魂は再び結ばれたのである。愛する矢野に、痛烈な批判をされ、あきらめてみじめに去ろうとする瑛子を呼び止めてくれたのは矢野だった。瑛子の身を案じて迎えにきてくれた姉夫婦の手に、飛び込んで、瑛子は、はじめて清い涙を流すのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/04/26]

映画情報を18件更新しました。

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。