日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年4月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

脱獄(1950)
ダツゴク

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1950年03月05日 
製作会社
太泉映芸協 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
103分  

製作は「野良犬(1949)」「続不良少女」の本木莊二郎。脚本ならびに演出は「風の子」「春の戯れ」などの山本嘉次郎で、カメラは「野良犬(1949)」の中井朝一担当。出演者は「野良犬(1949)」「石中先生行状記(1950)」の三船敏郎、「愁海棠」以来休養していて高峰三枝子、「暁の脱走」の小沢栄、「影法師」の山本礼三郎、「妻の部屋」の伊豆肇などのほか三島雅夫、進藤英太郎などである。

スタッフ

製作
本木莊二郎
脚本
山本嘉次郎
演出
山本嘉次郎
撮影
中井朝一
照明
守屋惣一
録音
岡崎三千雄
美術
松山崇

ストーリー

マーケット街のおでんや「加代」の女主人加代は、美しい女ざかり。いまこの店にとびこんで来た一人は、ヤミ自動車の運転手で、孝之助といういやなやつ、加代に食い下がろうと、通っている。つれの新吉は故郷から出て来たばかりの母親と二階借りしている真面目な自動車修理工で、その木訥さに、加代は惹かれる。新吉は、一つ欠点があった。それは酒くせの悪いことで、母親からもずい分意見されるが直らない。加代が新吉に惹かれるのを見て孝之助は面白くない。新吉と孝之助の感情は荒れていった。孝之助は加代のためた金をまきあげようとして新吉にめちゃめちゃにされ、それがきっかけで新吉と加代は急速に発展し、工場主の荒巻を仲人に小料理屋の開店披露をかねて結婚式をあげることになった。祝いの座、新吉の目がすわってきた頃、孝之助がいやがらせにやって来た。カッとした新吉は料理包丁をつかんで立ち上がり、孝之助と中へ入った荒巻を傷つけた。新吉は府中の刑務所へ送られた。孝之助の傷はすぐなおり、又加代の店へしつこく出入りした。荒巻は加代の輸血で一命をとりとめ、かえって新吉の留守を預かることになった。加代はその荒巻のため、新吉には満期まで面会にゆくまいと決心した。刑務所で新吉は、孝之助の相棒だった男と一緒になり何やかやといやがらせを言われ、加代が少しも面会に来ないことから、その男のいう、孝之助が加代のところへいりびたっているという言葉で、心は大きく動揺し、いくどか脱獄の夢を見た。この新吉の変化を教務課長は知って、加代の面談が約束されたが、加代と荒巻が面会に来た。その時、脱獄!新吉が、所内から出る貨車の下にしがみついて脱獄したのだった。うなるサイレン。加代の顔は蒼白となった。列車は音をたてて長い鉄橋へかかる。この両端にも看守がいる。もうすぐ鉄橋が終わるとき、新吉の体が落ちた。新吉の傷は案外軽かった。入院生活が終わる頃、今度は逆に孝之助が再犯で入ってきた。新吉の仮釈放の日迎えに来た加代は、新吉の手をとって急いで刑務所をあとにした。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/04/26]

映画情報を18件更新しました。

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。