日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

女の流行
オンナノリュウコウ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1950年02月19日 
製作会社
松竹大船 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
77分  

製作は「初恋問答」の陶山鉄。東京タイムス連載、中野実原作の「女の流行」より「花婿三段跳び」の池田忠雄、池田三郎兄弟の脚色で、「花婿三段跳び」につぐ瑞穂春海が監督する。撮影は同じく「花婿三段跳び」の布戸章。主演は「初恋問答」の宇佐美淳、山口淑子、井川邦子でそれに河村黎吉、日守新一らが出演する。

スタッフ

製作
陶山鉄
原作
中野実
脚色
池田忠雄池田三郎
監督
瑞穂春海
撮影
布戸章
照明
高下逸男
録音
小尾幸魚佐々木秀孝
音楽
田代與志
美術
小島基司

ストーリー

明星証券の外交員となった美紀は、銀座のミモザ洋裁店に親友スミヨを訪ねた帰り、自動車にひかれるところをある青年に助けられた。明星証券ではいまGCサルベージの株を宣伝中であった。美紀はある日外交に行った家で銀座で救われた青年に会い、この偶然の機会から、二人は楽しい日を過ごすことになる。この青年は渥川修二といい、父武右衛門はある会社の社長で、そろそろ息子に社長の椅子を譲ろうと思っている。さてスミヨの家は修二の家の近くで、スミヨの母信子は、スミヨと修二を一緒にしたいと一人ぎめにしているし、スミヨも修二を好ましく思っている。ある時修二がミモザへ現れ美紀と二人で顔を合わせてから妙な感情とこじれが出来てしまった。美紀は修二がスミヨと約束があるのかと思い、スミヨは美紀の気持ちを知って修二を諦めてしまうという始末--。一方GCサルベージは幽霊会社で社長武口は株金が集まるとドロンをしてしまい、明星証券の人のいい副社長影山は一杯食わされてしょげかえる。影山はいつかスミヨが酔漢に襲われた時それを助け、その時からスミヨを忘れられない。影山と修二は親友で、修二の口ききで、影山の気持ちを伝えられたスミヨは愛される身の幸福を知った。美紀は、自分の宣伝した株はインチキだし、修二の気持ちも誤解していたので一人淋しく東京を去ろうとしたが、かけつけたスミヨから影山との結婚を聞かされた。驚く美紀に更に大きな喜びが伝えられた。武右衛門の力で引き継がれたGCサルベージの金塊引き上げ作業が成功したのだ。修二は父の社長の椅子を譲られ、修二と美紀、影山とスミヨとの若い二組の幸福な人生が明日から始められようとしている……。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。