日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

エノケン十八番 らくだの馬さん
エノケンジュウハチバンラクダノウマサン

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1950年03月26日 
製作会社
松竹エノケンプロ 
配給会社
松竹 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
60分  

製作は「頓珍漢桃色騒動」(杉山茂樹と協同)で脚本は「お染久松」(渡邊邦男と協同)の藤田潤一で、監督は「影法師」の大曾根辰夫が当たる。カメラも「影法師」の太田眞一担当。主演は中村是好と「お染久松」の榎本健一で、それにシミキン、折原啓子、志織克子、黒川弥太郎などが出演する。

スタッフ

製作
小倉浩一郎
脚本
藤田潤一
監督
大曾根辰夫
撮影
太田眞一
照明
寺田重雄
録音
森沢伍一
美術
桑野春英
音楽
栗原重一

ストーリー

らくだの馬さんの住んでいる長屋には人のいい久六、手斧目の半次、常盤津師匠文字春などがいる。大家は因業な佐兵衛で、みなに憎まれている。ところで、文字春がある日首をつって死んだ。というのは、半次といい仲だったので、近頃半次にいい女が出来たので、そんなことになったのだ。らくだの馬さんは、久六を使って大家から酒をせしめて文字春のお通夜をやった。文字春の家は前にも浪人、あんま、と次々に自殺した縁起の悪い家で、家賃のたまっている馬さんは、その家に追いやられる。ところが、二、三日して馬さんは河豚にあたって死んでしまう。半次は、文字春のお通夜の時のように大家から酒をせしめようと、久六をつかうが、大家は承知しない。そこで馬さんの死骸を持ち込んで困らせ、とうとう酒をせしめ、お通夜をやって、馬さんを墓にうめる。翌晩、久六のところへ馬さんはじめ四つの幽霊が来て、回向をしてくれと言う。長屋中の者が幽霊にひかれて久六の家へ集まった時、ひょっくり馬さんがやって来て、一同仰天する。馬さんは、墓に入ってから、毒が消えて、生き返ったのだ。翌日、大家も半次も死んだ連中の墓を弔うのだった。再び長屋がくる--。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。