日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

傷だらけの男
キズダラケノオトコ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1950年04月09日 
製作会社
東日興業新演技座 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
87分  

製作は東日興業社長鈴木郁三。企画は「甲賀屋敷」の清川峰輔。脚本は「無頼漢長兵衞」「白雪先生と子供たち」「女の四季」「また逢う日まで」(水木洋子と協同)の八住利雄。演出は「佐平次捕物控・紫頭巾」のマキノ正博である。カメラは谷口政勝の担当。主演は「甲賀屋敷」「蛇姫道中」の長谷川一夫、「おどろき一家」「なやましき五人男」の古川緑波、「甲賀屋敷」の長谷川裕見子で、それに「東京無宿(1950)」「闇に光る眼(1950)」の逢初夢子、「与太者と天使」の三谷幸子、「頓珍漢桃色騒動」の森川信らが出演する。

スタッフ

製作
鈴木郁三
企画
清川峰輔
脚本
八住利雄
演出
マキノ正博
撮影
谷口政勝
照明
西川鶴三
美術
北辰雄
録音
大津光一
音楽
鈴木静一

ストーリー

密輸ギャングの一味の、美男の顔役雅一は、追われる身の焦燥を、ホールで、マリを相手にジルバを踊り狂って、自らごまかしていた。ある日ふと、客席でみた百面相の男が、昔の知り合いの徳であることを知って、雅一は、その男とある悪だくみをする。それは「苦悩消滅万病快癒……」というポスターを出し、あやしげな祈祷所をつくって、無知な近くの農村の人々をだまかして金品をまきあげることだった。密輸ギャングが身をかわす一つの手だった。このインチキはしかし成功した。徳はホクホクだった。この徳に美代という娘がいたが、この娘は純情娘で、雅一や親の悪計も知らなかった。雅一は、この純真な娘に次第にかつて覚えなかった真面目な恋を感じるのだった。このごろ昔の仲間の三郎が、やって来てゆすったが、今の雅一には、この三郎をあっさり処置出来なかった。恋する身の、真人間になろうとする身の弱さだった。その頃、土地の警察では徳一味の内情をさぐり、刑事が乗り込んだ。美代ははじめて雅一や父の正体を知った。だがその時、雅一と父は、奥の祈祷所で、美代のことについて争っていた。徳は美代を雅一などにやりたくなかった。それは父親の愛情だったろう。雅一の拳銃は火をふいた。そして雅一自身が傷ついた。雅一は傷をおさえて、ホールにたどりつき、マリと最後のジルバを踊るとバッタリ倒れた。そして美代にすべてを告白した。徳も美代の真心に打たれ、町の人々にひれ伏して許しをこい、雅一とともにひかれて行くのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。