日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年3月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

東京カチンカ娘
トウキョウカチンカムスメ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1950年01月15日 
製作会社
新東宝青柳プロ日本ユニットプロ 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
76分  

「グッドバイ(1949)」「銀座カンカン娘」の青柳信雄のプロデュース、脚本は「銀座カンカン娘」につぐ中田晴康の執筆、監督はかつて伊丹万作に師事し最近では斎藤寅次郎に師事していた毛利正樹昇進第一回作品でキャメラは「湯の町悲歌」の横山実が担当する。照明は「野良犬(1949)」「小原庄助さん」の石井長四郎。出演は「真昼の円舞曲」「花の素顔」の若原雅夫、「花の素顔」の折原啓子の主演に、「おどろき一家」の古川緑波、清川虹子のほか、川田晴久、暁テル子、市川春代、ディック・ミネらが共演している。

スタッフ

製作
青柳信雄
脚本
中田晴康
監督
毛利正樹
撮影
横山実
照明
石井長四郎
録音
村山絢二
美術
小川一男
音楽
服部良一

ストーリー

銀座の人気者、サンドウィッチマンのバロンは山高帽子にモーニング白足袋、二重マントのふん装で、今日も雑沓の中を歩いていた。娘のユリはラサール衣裳店のモデルで、とくに美しい容姿は銀座マンの目をひいた。与太者の、なめ銀は奈良三郎と名のって、紳士を装ってユリに接近し、わがものにしようとねらっていた。手始に手下を使ってユリの帰りを襲わせ、奈良がそれを救うなど芝居をうって、すっかりユリの信頼をうることが出来た。名古屋でファッション・コンクールが催されることになって、デザイナー河合の新型をユリが出張して発表することになった。その一行についてスイングのグループ、銀座カンカングループが行くことになっていた。そのグループの責任者は、意外にもパパの知合いの作曲家里見だった。いよいよ出発の日、里見につきまとう未亡人鎌倉夫人こと美子も、ユリのパパのバロンもそして野心満々の奈良もふくむ一行が名古屋ホテルに同宿した。ユリは里見にひそかに思いをよせていいたが、里見につきまとう美子を誤解して、心が晴れなかった。美子は未亡人で、パパのバロンも父娘のさびしい家庭だったので里見との誤解もとけたとき、ユリは父が美子と結婚することを望んだ。若い二人がむつまじく打合せているのを、背中合せのソファーで聞いたパパと美子は、そっと手をとって席を離れた。機をねらっていた与太者の奈良は静かに語る若い二人に割って入り、里見を侮辱したため、ホテルのサロンは乱闘場になってしまった。奈良がユリをだまして連れ去ろうとしたとき、カンカン・グループの楽員晴さんが奈良の正体をすっぱぬいた。最後の手段で奈良はピストルを発射しようとした瞬間、階段の上からバロンが花びんを投げつけたため事件はことなく解決し、前科三犯のお尋ね者奈良は警察にひかれていった。その夜バロンと美子、ユリと里見、グループの幾組かが“夢の彼女”のリズムにのって踊る楽しい姿がみられた。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/03/28]

映画情報を65件更新しました。

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。