日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

乱れ星荒神山
ミダレボシコウジンヤマ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1950年11月23日 
製作会社
東横 
配給会社
東映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
80分  

藤川研一の企画によって、「レ・ミゼラブル」のマキノ光雄が製作に当っている、原作は村松梢風、脚色は、「闇に光る眼(1950)」の共同脚色者村松道平。監督は、やはり「闇に光る眼(1950)」を松田定次と演出した萩原遼。俳優陣は「毒殺魔殿」の市川右太衛門、月宮乙女、月形龍之介に、「赤城から来た男」の山田五十鈴、その他高田浩吉、澤村國太郎、飯田蝶子など。

スタッフ

製作
マキノ光雄
企画
藤川研一
原作
村松梢風
脚本
村松道平
監督
萩原遼
撮影
永塚一栄
美術
小池一美
音楽
西梧郎

ストーリー

寺津の間之助親分の身内吉良の仁吉は、伊勢の顔役安濃徳の妹お菊を嫁に迎えて、夫婦仲も良く、嫁をもらってからは、まためっきり男を売り出したと評判であった。しかしお菊は生来の喧嘩嫌いで、そんなことのために大事な夫にもしものことがあってはと仁吉に堅気になることを勧めていた。仁吉とは兄弟分の神戸の長吉が喧嘩のため入牢していて、刑期を済ませて帰ってみると、子分は一人残らず離散し、彼の大切な縄張りの荒神山も、安濃徳に横領されていた。長吉は仁吉の女房が安濃徳の妹であることを忘れていて、仁吉に泣きついて行った。仁吉は兄貴分に頼まれたことならとお菊を連れて単身安濃徳へ談判に乗り込んだが、彼が聞き入れないので、お菊に離縁状をつけて、彼との縁をきっぱり絶ち、あかの他人になって喧嘩をしようと言い切って帰って来た。折から間之助の家には、清水の次郎長一家の子分たちが、信州からの帰路勝手に喧嘩を売って、次郎長の勘気を被って清水に帰れず、居候をしていたが、大政、小政を始め名の知れた子分たちが、皆仁吉の加勢をしようといきり立っていた。仁吉は勘気中の子分を喧嘩に駆り立ててはと思ったが、次郎長の許しがあって、いよいよ荒神山で決戦をすることになった。お菊は何とかしてこの喧嘩を止めさせたいと家を抜け出し仁吉のもとへ駆けつけたが、仁吉は会おうともしなかった。そして荒神山で、卑怯にも飛道具を使った相手方に討たれて死んでしまった。通夜の夜、お菊は集った人々の前で、「無益な喧嘩で人を殺し、男が立ったとか立たないとか言っている人に仁吉の位牌はまかしておけない」と言って、それを抱いて何処へともなく立ち去った。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。