日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

結婚行進曲(1951)
ケッコンコウシンキョク

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1951年12月28日 
製作会社
東宝 
配給会社
東宝 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
83分  

「めし」の藤本真澄の製作で、同じく「めし」の井手俊郎と「ブンガワンソロ」の和田夏十と市川崑が共同で脚本を書き、市川崑が監督に当たっている。撮影は「完結 佐々木小次郎(1951)」の飯村正。出演者は「めし」の上原謙、「赤道祭」の山根寿子、杉葉子、伊豆肇に、高杉早苗、木匠久美子、沢村貞子、伊藤雄之助などである。

スタッフ

製作
藤本真澄
脚本
井手俊郎和田夏十市川崑
監督
市川崑
撮影
飯村正
美術
河東安英
音楽
仁木他喜雄

ストーリー

丸ビルの五階にある東亜鋳造工業株式会社に勤める伊野君とチョコレート・ショップのレジスターのカナ子さんは同じアパートの二階と三階に住み、恋仲同志だったが、お互いに貧しくて結婚することが出来ないでいるうちに、伊野君が会社を首になってしまった。元来作家志望の伊野君は会社の仕事に興味が持てず執務中に小説を読みふけっていたのを見つけられたのだった。勝ち気なカナ子さんは伊野君に代わって社長中原さん宅へ復職の談判に行き、その裁気を認められかえってカナ子さんが中原さんの会社へ高い給料で雇われることになった。伊野さんはカナ子さんの援助で遊んで好きな小説の勉強が出来る身分になったが、何となく面白くない感じであった。一方カナ子さんは益々社長の信望を得たが、社長夫人鳥子さんは幼馴染みの芸者菊奴や料亭の女将のお母さんなどから、夫とカナ子さんの仲を色々噂されるようになってから、やはりこれも面白くなくなった。誤解に誤解を生んで遂に鳥子さんは実家へ帰ってしまい、カナ子さんと伊野さんの仲も風雲急をつげることとなった。そこではじめて事の重大さに気がついたカナ子さんが再び大活躍をして、社長夫妻を元の通りの仲の良い夫婦にすると同時に、自分も伊野さんとめでたく結婚の式をあげ、新婚旅行に旅立って行くのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。