日本映画情報システムは、日本映画情報(1896年~2017年2月劇場公開の日本映画作品(映倫審査作品)に関する情報)を検索することが可能です。

◎こんな方は・・・
   ・映画のタイトルが分っていて、出演者を知りたい
   ・あの映画シリーズの全タイトルを知りたい
   ・あの監督が撮った作品の全タイトルを知りたい
               ⇒【キーワード検索】をご利用ください

◎こんな方は・・・
   ・タイトル、出演者、スタッフなど複数のキーワードに当てはまる検索結果を出したい
   ・複数ある検索結果を公開年順、配給会社別などに並べ替えたい
               ⇒【詳細検索】をご利用ください

◎検索について詳しく知りたい方は「検索システムの使い方」をご覧ください。

キーワード検索

作品詳細

消防決死隊
ショウボウケッシタイ

作品名でWeb検索する
カテゴリー
劇映画 
公開年月日
1951年02月10日 
製作会社
大映東京 
配給会社
大映 
レイティング
一般映画  
英語名
 
上映時間
88分  

「姉妹星」の須田鐘太の製作で、「緋牡丹盗賊」の八尋不二が脚本を書き、「火の鳥(1950)」の田中重雄が演出に当たっている。撮影は「処女峰」の峰重義である。出演俳優は、「偽れる盛装」の小林桂樹、「処女峰」の根上淳、「情艶一代女」の伊沢一郎、「紅蝙蝠(1950)」の三條美紀、それに小堀誠、羽鳥敏子、荒川さつきなどである。

スタッフ

製作
須田鐘太
脚本
八尋不二
監督
田中重雄
撮影
峰重義
美術
仲美喜雄
音楽
斎藤一郎

ストーリー

消防教習所に学ぶ教習生のなかで、境遇、性格のそれぞれ異なる三人の青年がいた。森三平は父親が古くからの鳶職で、無理に志願させられたもの、牧村泰彦は、斜陽華族の成れの果てで、生来の無気力から流れついたもの、南連太郎だけは、復員兵だったが、自分の生命は戦争で失ってしまったものとして、残る一生を社会福祉のために捧げたいとの熱意にもえていて、教習所の猛訓練にも、一人音をあげずに精進していた。休日には、しかし泰彦などと共に、森家へ遊びに行くのを楽しみにしていた。森家の家庭的な空気と、美しい妹節子が彼と泰彦の心をひきつけたのだった。やがて六ヶ月の教習を終わって、三名は同じ消防署に配属された。ある日、有名な貴金属商の火事に出動したが、その焼け跡から死体が発見され、その死体から一個の弾丸が現れた。連太郎がそれを発見したのだったが、彼は弾丸の口径から、その陰に、放火強盗団のあることを推察した。連太郎は海軍時代の上官黒部に再会したが、協和商事社長と称する黒部と、例の放火強盗団との間に一脈のつながりを感じたが、廉正だったかつての上官にそんなことがと打ち消した。しかし泰彦は、連太郎と節子とがどうやら愛し合っていると知ったとき、自棄の気持ちから黒部の一味に近づき、黒部の情婦リリイに誘惑されてのっぴきならぬ弱味を黒部につかまれてしまった。泰彦はそんな自分を恥じて辞表を出した。折しも協和ビルから炎がのぼった。連太郎も三平も出動して活躍した。このとき協和ビル放火の裏に黒部の兇悪な手がのびている事実を知っている泰彦は敢然として単身黒部に挑戦して、焼死してしまった。再びめぐり来た春に、新年消防初めの日連太郎も三平も表彰された。そして今は亡き泰彦の功労章は、泰彦に代わって姉の弓子がこれを受けたのだった。

仕様

  • カラー/モノクロ:
  • 映写フォーマット: フィルム /35mm
  • サウンド: モノラル

その他

このページのトップへ

  • 検索システムの使い方
  • お問い合わせ

お知らせ

[2017/02/27]

映画情報を27件更新しました。

[2017/01/30]

映画情報を22件更新しました。